ジブラルタルがUEFA公式戦で歴史的初勝利…アルメニアはシュート35本の猛攻も0-1で敗れる

ジブラルタルがUEFA公式戦で歴史的初勝利…アルメニアはシュート35本の猛攻も0-1で敗れる

2018.10.14 ・ 海外サッカー

シェアする

13日に行われたUEFAネーションズリーグD、グループ4のアルメニアvsジブラルタルは1-0でジブラルタルが勝利。歴史的1勝を記録している。


この試合ではジョセフ・チポリーナが50分にPKのチャンスを沈めてジブラルタルが先制。その後、ヘンリク・ムヒタリアン擁するアルメニアの猛攻をしのぎ切って同コンペティション初勝利をマークした。


なお、ボール支配率は78-22%、シュート本数35-6(枠内10-2)というホームのアルメニアが圧倒する内容だった。


ジブラルタルは2013年にUEFAへ加わり、親善試合以外の公式戦で勝利を記録したのは初のこと。アルメニア戦では試合終了のホイッスルとともに、ジブラルタルの選手たちは喜びを爆発させた。


リベリア半島の南端に突き出しているジブラルタルはイギリスの海外領で、人口は3万人ほど。ヨーロッパの中でも“弱小”の代表チームとして知られ、ユーロ2016予選、ロシア・ワールドカップのヨーロッパ予選ともに全敗を喫していた。


なお、アルメニアvsジブラルタルの試合開始前にはジブラルタルの国歌ではなく、誤ってリヒテンシュタインの国歌が流れるというアクシデントも。ジブラルタルのサッカー協会は「リヒテンシュタインの国歌が流れた事態に失望している」とSNSで声明を明らかにしている。


National Anthem at tonight’s Nations League International in Armenia:



The Gibraltar FA is very disappointed to note that, prior to tonight’s UEFA Nations League match versus Armenia, the national anthem of Liechtenstein was played...... 1/2

— Gibraltar FA (@GibraltarFA)



The Armenian FA has apologised to the Head of Delegation representing the Gibraltar FA in Yerevan for this oversight and an announcement has been made at the national stadium apologising for the error...2/2

— Gibraltar FA (@GibraltarFA)



Clean sheet ?


3 points ?


First ever points ?



That winning feeling ??????!!

— Gibraltar FA (@GibraltarFA)


記事提供:Goal

シェアする

最新記事

おすすめ動画