2戦連続先発も…英メディアは武藤嘉紀を辛辣評価「インパクトを残せなかった」

2戦連続先発も…英メディアは武藤嘉紀を辛辣評価「インパクトを残せなかった」

2018.10.21 ・ 海外サッカー

シェアする

ニューカッスル・ユナイテッドの武藤嘉紀は、ブライトン&ホーヴ・アルビオン戦に先発出場するも厳しい評価を受けた。イギリス『クロニクル・ライブ』が採点を行った。


20日に行われたプレミアリーグ第9節で、ニューカッスルはブライトンとホームで対戦。開幕戦から8試合勝利のないニューカッスルにとって是が非でも初勝利を手にしたい一戦だったが、29分に先制点を許すと、反撃も及ばず0-1で敗れた。


前節のマンチェスター・ユナイテッド戦で移籍後リーグ戦初の先発出場を果たし、初ゴールを記録した武藤は、2試合連続でスタメン出場。しかし、チャンスを迎えるも得点を奪えず、74分にホセルと交代してピッチを去った。


2試合連続ゴールを逃した武藤のプレーに対して、採点を行った『クロニクル・ライブ』はチームワースト2位となる「4」をつけた。「ゴール前のヘディングでの最大のチャンスを逃した。それ以降はインパクトを残せなかった」と手厳しい評価を下している。


一方で、中盤のケネディとジョンジョ・シェルヴィーは、それぞれ「8」と「7」の高評価。対照的に攻撃陣は、アジョセ・ペレス、武藤と交代してピッチに立ったホセルがともに「3」とチーム最低の評価を受けた。


また、『スカイスポーツ』もチームワーストタイとなる「5」と採点。2試合連続のスタメン出場となったが、好印象は残せなかったようだ。


 


記事提供:Goal

シェアする

最新記事