浅野拓磨の次節欠場が確実に…ハノーファー指揮官ブライテンライターが会見で明言

浅野拓磨の次節欠場が確実に…ハノーファー指揮官ブライテンライターが会見で明言

2018.11.9 ・ 海外サッカー

シェアする

現地時間9日、ブンデスリーガ第11節ハノーファーvsヴォルフスブルクの一戦が行われる。だが、この試合で浅野拓磨は欠場する見通しであることが明らかになった。


ハノーファーの指揮官アンドレ・ブライテンライターは8日、ヴォルフスブルク戦を前にした会見で「タクマは軽いトレーニングをこなしているが、試合には出場できない」と述べている。


浅野は10月31日に行われたDFBポカールの2回戦、ヴォルフスブルク戦で先発したものの、試合中に途中交代。その後太ももの負傷をクラブが発表し、日本代表への招集も辞退する運びとなっていた。


10月上旬にはシュトゥットガルト戦で負傷し、その後に控えていた日本戦のメンバーからも外れていた浅野拓磨。2カ月連続で代表戦を見送るなど、厳しい状況が続いている。


浅野の欠場が確実となった一方、ドイツメディア『90min』は原口元気の次節先発を予想している。現在リーグ16位と低迷しているハノーファーは、ホームのヴォルフスブルク戦で勝ち点3を積み重ねることができるのだろうか。



記事提供:Goal

シェアする

最新記事