乾貴士が公式戦7試合ぶりに先発出場! 終盤に超がつくほどの決定機を得るが…【スペイン国王杯】

乾貴士が公式戦7試合ぶりに先発出場! 終盤に超がつくほどの決定機を得るが…【スペイン国王杯】

2018.12.7 ・ 海外サッカー

シェアする

 現地時間12月6日に実施されたコパ・デル・レイ(スペイン国王杯)4回戦の第2レグ、ベティス対ラシン・サンタンデールの一戦は、4-0でホームのベティスが勝利。2試合トータル5-0とし、5回戦進出を決めた。


 32分、コーナーキックのチャンスから相手のオウンゴールで先制したベティスは、59分に敵のファウルでPKを獲得。これをアントニオ・サナブリアが冷静に左隅に押し込んでリードを2点に広げた。


 ベティスは69分にもクリスティアン・テージョのコーナーキックから、交代でピッチに入ったばかりのセルヒオ・レオンが決めて3点目。2部B(3部)リーグのラシンに対し、格の違いを見せつけた。

  このラシンとの第1レグ以来、7試合ぶりのスタメン出場を果たした乾貴士は、2列目の左サイドでプレー。前半に2本のシュートを放ち、何度か長い距離のドリブルでチャンスをつくったものの、この日は積極的に仕掛けるというより、確実につなぐことを心掛けるようなプレーが目立った。


 そんな中で迎えた79分、S・レオンが左サイドで粘って折り返したボールをゴール正面、完全フリーの状態で受けた乾だったが、相手GKの飛び出しが一瞬視界に入ったのか、ワントラップして即座に放ったシュートはゴール右に外れた。


 9月2日のセビージャ・ダービー以来、今シーズン2度目のフル出場を果たした乾。この日も期待されたゴール、そしてアシストはなかった。


 その後、89分にジオバニ・ロ・チェルソが1点を加えたベティスは4-0で勝利。次戦は12月9日、ラージョ・バジェカーノとラ・リーガ第15節を戦う。

 

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事