「カガワと同様に特別な選手の1人」アーセナル敏腕スカウトが獲得が報じられるデンベレを称賛

「カガワと同様に特別な選手の1人」アーセナル敏腕スカウトが獲得が報じられるデンベレを称賛

2018.12.7 ・ 海外サッカー

シェアする

アーセナルのスカウト部門の責任者であるスヴェン・ミスリンタート氏は、獲得が噂されるバルセロナのウスマン・デンベレに賛辞を送った。


今夏のワールドカップでフランス代表の一員として優勝に貢献し、今シーズン序盤は所属するバルセロナでもその才能の片鱗を見せるデンベレ。しかし、素行面で問題を抱える同選手に対して、クラブは放出を検討していると考えられており、アーセナルやリヴァプールなどがオファーを送るのではないかと報じられている。


2017年冬にアーセナルの現職に就く前はドルトムントのスカウトとして活躍し、香川真司やデンベレなどをドイツのクラブに呼び寄せた敏腕スカウトのミスリンタート氏は、ドイツメディア『Zeit』で獲得が噂されるフランス代表FWについて語った。


「ウスマンを最初に見たとき、彼はレンヌのファーストチームでプレーできていなかった。彼はただ考えてプレーしていないだけだったから状況に応じてどちらの足を使えばいいのかわかっていないと確信し、彼のことを本当に特別な選手だと感じた」


「シンジ・カガワもそのうちの1人だ。日本に10回行って彼を見たが、最初の30分で私は確信した。1つの動きで彼は試合全体の方向性を変えてしまった」


2017年夏のバルセロナ移籍の際には、トレーニングを無断で休みクラブに移籍を迫ったとされるデンベレだが、ミスリンタート氏はこの問題視される行動を擁護した。


「移籍はストライキにより決まったわけではなく、チーム同士のサインによって決まったんだ。ウスマンは確かにトレーニングに参加しなかったが、彼の能力はピッチ上の金に相当する。それに2017年のカップ戦ではチームを優勝に導いた1人だ。違いを生み出せる、多くのトッププレーヤーは成長や成功にハングリーになれる環境を求めて異なるクラブに移る。彼らは内から湧き出る特別なモチベーションを持っているのだろう」


記事提供:Goal

シェアする

最新記事