インテルはイカルディを売るべき!? ファンの約7割は契約延長問題に揺れる主将の放出に賛成…

インテルはイカルディを売るべき!? ファンの約7割は契約延長問題に揺れる主将の放出に賛成…

2019.1.11 ・ 海外サッカー

シェアする

 インテルは新年早々、主将マウロ・イカルディの契約延長問題に揺れている。代理人も務める妻ワンダ・ナラが先日、契約延長からは程遠いと明かしたばかりだ。


 クラブは年俸をアップさせた上での契約延長を打診してきたが、イカルディとワンダ・ナラの要求額とは開きがあるとされる。リーグのビッグネームと比較すれば足りないというのだ。イカルディは1月10日、SNSで「契約延長は、クラブが具体的で正しいオファーをした時に」と明かしている。

 イタリア衛星放送「Sky Sport」によると、イカルディの現在の年俸は450万ユーロ(約5億9000万円)。これは、チームメイトのラジャ・ナインゴランやエディン・ゼコ(ローマ)と同額で、さらに以下の9選手が上に控えるという。


クリスチアーノ・ロナウド(ユベントス)/3100万ユーロ(約40億3000万円)

ゴンサロ・イグアイン(ミラン)/950万ユーロ(約12億4000万円)

パウロ・ディバラ(ユベントス)/700万ユーロ(約9億1000万円)

ミラレム・ピャニッチ(ユベントス)/650万ユーロ(約8億5000万円)

ドグラス・コスタ(ユベントス)/600万ユーロ(約7億8000万円)

ジャンルイジ・ドンナルンマ(ミラン)/600万ユーロ(約7億8000万円)

レオナルド・ボヌッチ(ユベントス)/550万ユーロ(約7億2000万円)

エムレ・ジャン(ユベントス)/500ユーロ(約6億5000万円)

ロレンツォ・インシーニェ(ナポリ)/460万ユーロ(約6億円)


 イタリア紙『Gazzetta dello Sport』によると、イカルディとワンダ夫人は新契約で900万ユーロ(約11億7000万円)の年俸を求めているとされる。別格扱いのC・ロナウドにこそ及ばないが、セリエAのトップクラスに躍り出る金額だ。


 ただサポーターは、必ずしもイカルディを引き留めるべきとの考えではないようだ。


「インテルはイカルディをどうすべき?」という『Sport Mediaset』のアンケートによると、1万4000人近いユーザーのうち、7割近く(69パーセント)が「売却すべき時が来た」と回答。「彼の要求を満たすべき」という意見に大きく差をつけている。


 類まれな決定力でインテルを牽引してきたイカルディは、クラブとの契約延長に至るのか。ジュゼッペ・マロッタ新CEOは、サポーターに「安心してくれ」と話しているが……、果たして!?

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事