バルセロナとセビージャがムニルの移籍で合意…移籍金はわずか1億円ほど

バルセロナとセビージャがムニルの移籍で合意…移籍金はわずか1億円ほど

2019.1.12 ・ 海外サッカー

シェアする

バルセロナとセビージャは、ムニル・エル・ハダディの移籍で合意に達した。


2014年にバルセロナのファーストチームでデビューを飾り、将来を期待されていたムニル。しかし、同クラブでは十分な出場機会に恵まれず、昨シーズンまでの2シーズン連続でバレンシアとアラベスに期限付きで移籍し、昨夏にチームに復帰するも、今シーズンはここまで全公式戦11試合に出場したのみと苦難が続いていた。


これを受け、今冬の移籍市場でルイス・ムリエルを放出し、新たなストライカーを求めるセビージャがムニルの獲得に興味。当初は、契約が満了を迎える今夏にフリーでの獲得を目指していたようだが、今冬に獲得することが決まった。なお、この移籍でバルセロナは105万ユーロ(約1億3000万円)を得ると発表している。


現在、リーグ戦3位と好調を維持するセビージャは、今冬の移籍市場でチェルシーのアルバロ・モラタの獲得に関心。しかし、先日にはチェルシーとの交渉が難航していることを明かしていた。そして、新たにムニルがチームに加わったことで、チェルシーFWの獲得を見送る可能性が高いようだ。


なお、現段階でムニルはメディカルチェックを行っておらず、無事にパスして契約を交わした後に、晴れてセビージャの一員となる。


記事提供:Goal

シェアする

最新記事

おすすめ動画