“カンフーキック”のミュラーにCL2試合の出場停止処分…リヴァプールとの2戦は欠場か

“カンフーキック”のミュラーにCL2試合の出場停止処分…リヴァプールとの2戦は欠場か

2019.1.12 ・ 海外サッカー

シェアする

UEFA(欧州サッカー連盟)は11日、チャンピオンズリーグ(CL)グループE最終節アヤックス戦で退場処分となったバイエルン・ミュンヘンのトーマス・ミュラーに2試合の出場停止処分を科すことを発表した。


ミュラーは昨年12月12日に行われたアヤックス戦で、相手DFニコラス・タグリアフィコの頭部を足で直撃。“カンフーキック”とも伝えられたこのファウルだが、危険行為と判断した主審に75分にレッドカードを提示され、キャリア初の退場処分を受けることになった。


そして、年明けにこの件について協議をUEFAの規律委員会が競技を行い、2試合の出場停止処分を科すことを発表。CLベスト16でバイエルンが2月19日(アウェー)、3月13日(ホーム)で臨むリヴァプールとの2戦を欠場することになる。


なおバイエルンは公式ウェブサイトを通じて、「ファウルは激しかったが意図的ではなかった」とし、処分に対し異議申し立てを行うことを発表した。


記事提供:Goal

シェアする

最新記事