韓国代表に痛手…負傷のキ・ソンヨンが残るアジアカップ欠場へ

韓国代表に痛手…負傷のキ・ソンヨンが残るアジアカップ欠場へ

2019.1.21 ・ 海外サッカー

シェアする

韓国サッカー協会は20日、同代表MFキ・ソンヨンが負傷のためチームを離脱し、所属クラブのニューカッスルに戻ることを発表した。


キ・ソンヨンは、7日に行われたアジアカップ2019グループC第1戦のフィリピン代表戦に先発出場。しかし、58分に右ハムストリングを痛めてベンチに退いた。その後、グループステージの第2節と第3節を欠場。18日にはチーム練習に合流したが、19日の練習で同箇所に違和感を覚えたため、再検査を行った。その結果、残るトーナメントを戦うことは困難だと判断されている。


すでに大会開幕後となっているため、韓国はキ・ソンヨンの代わりとなる選手を招集することは不可能。1960年大会以来、3度目の優勝を狙う韓国だが、3度のワールドカップ出場を経験しているキ・ソンヨンの離脱はチームにとって大きな痛手となる。


韓国代表は、22日に行われるラウンド16でバーレーン代表と8強入りを懸けて戦う。



記事提供:Goal

シェアする

最新記事