ユヴェントス、ダルミアン獲得は断念か…カギとなる25歳MFが退団を拒否

ユヴェントス、ダルミアン獲得は断念か…カギとなる25歳MFが退団を拒否

2019.1.23 ・ 海外サッカー

シェアする

ユヴェントスの指揮官マッシミリアーノ・アッレグリおよびパヴェル・ネドヴェド副会長が21日、イタリアメディア『スカイスポーツ』のインタビューに応じ、DFレオナルド・スピナッツォーラの放出を否定した。


ユヴェントスの下部組織出身のスピナッツォーラは、2012年以降、アタランタなど複数のレンタル先で武者修行を続けてきたが、昨夏ユヴェントスに復帰した。ひざのケガからも回復した25歳DFには、ボローニャなど複数クラブが熱い眼差しを送っている上、その放出がマンチェスター・ユナイテッドに所属するDFマッテオ・ダルミアン獲得の足掛かりになるため注目を集めていた。


だがスピナッツォーラは残留の意思を固めており、ネドヴェド副会長も選手の残留を示唆。「スピナッツォーラが出てダルミアンが来る? 昨夏、我々はユーヴェにふさわしいチームを用意した。現在もそれは変わらないと考えている。所属選手全員とも手放すつもりはない。偉業を達成できるはずだ」と述べた。ユーヴェ指揮官もまた元アタランタDFの残留を強調。「スピナッツォーラはユヴェントスの選手であり、ユヴェントスに残る」と訴えた。


スピナッツォーラの移籍が実現しなければ、ダルミアンのユヴェントス加入も消滅することになる。ダルミアンはイタリア復帰に前向きで、ユヴェントスはすでに所属先のマンチェスター・Uとも買い取りオプション付きのレンタルの条件で合意に至っていたが、スピナッツォーラが退団を拒否したことにより、ダルミアンの手続きもストップした。なおダルミアンにはインテルも関心を示しているとされており、今後の動向は注目されるところだ。



記事提供:Goal

シェアする

最新記事