「巨大な疑問が残った」ヴァーディーの“交代出場→即PKキック”にご意見番リネカーが苦言

「巨大な疑問が残った」ヴァーディーの“交代出場→即PKキック”にご意見番リネカーが苦言

2019.2.11 ・ 海外サッカー

シェアする

 日曜日に聖地ウェンブリーで行なわれたのがプレミアリーグ第26節、トッテナム・ホットスパー対レスター・シティの一戦だ。


 試合はハリー・ケインとデル・アリを怪我で欠きながらも、トッテナムが3-1でモノにしてリーグ戦4連勝を飾った。同じくこの日チェルシーを6-0で粉砕した首位マンチェスター・シティとの勝点差5をキープし、ぴったりと3位に付けている(消化試合はトッテナムが1試合少ない)。


 そのゲームの分岐点となったのが、60分のシーンである。0-1とビハインドを背負うレスターは、ベンチスタートを余儀なくされていたジェイミー・ヴァーディーをタッチライン際でスタンバらせる。するとその矢先、ジェームズ・マディソンが願ってもないPKを獲得。ボールを抱え込み、マディソンが蹴る気満々に見えたが……。レスターのクロード・ピュエル監督は迷わずにそのタイミングでヴァーディーをピッチに送り込む。なんとそのままPKキッカーを務めさせたのである。


 当然とばかりにスポットへボールを配置するPKのスペシャリスト。しかしイングランド代表FWが放った渾身のショットはコースが甘く、相手GKユーゴ・ロリスに弾き出されてしまったのだ。


 その3分後にレスターはクリスティアン・エリクセンに強力ミドルを決められ0-2に。76分にヴァーディーが意地の一撃を蹴り込んでふたたび1点差と詰め寄ったものの、アディショナルタイムにソン・フンミンに追加点を奪われ、力尽きた。


  やはりひとつの議論の的となったのが、「なぜヴァーディーにPKを蹴らせたのか?」である。ピュエル監督は試合後の会見で、「彼がチームのキッカーなのだから当然の選択だった。“蹴っていい”とわたしが言った」と強く主張し、「失敗したのは結果論であって、あのPKで負けたわけではない。主導権を握りながら多くのチャンスで決め切れなかったのが敗因だ」と、エースをかばった。マディソンが今季すでに2度、PKを外している事実も、フランス人指揮官の脳裏をよぎったはずだ。


 現政権下でゴール数が伸びず(直近10試合で2得点)、戦術にもフィットしていない印象のヴァーディー。指揮官との不仲も囁かれるなか、今節ついにスタメン落ちとなった。英メディアはその点に鋭く突っ込んだ質問をぶつけたが、ピュエル監督は「今日は異なるオプションが必要だった。それがジェイミーではなかっただけのこと。彼の出来自体には満足しているよ」と答えるにとどめた。 自身のツイッター上で疑問を投げかけたのが、古巣レスターへの愛情に溢れる元イングランド代表FWガリー・リネカー氏だ。英公共放送『BBC』の名司会者は「あんなシーンがこれまでにあったかどうかは分からない」と前置きしたうえで、「巨大な疑問が残ったよ。交代で出てきたプレーヤーがそのままペナルティーを蹴るなんてね」と呟いた。


 これにはフォロワーからさまざまな意見が殺到。「なんだかジェイミーが外しそうな気がしたよ」「ガリーの言う通りだ」「(キッカーは)マディソンでなんの問題もなかった」と同調する者がいれば、「失敗したからとやかく言うのはフェアじゃない」「任されたからには決めるのがプロだろ」「ジェイミーは蹴りたくて蹴ったんだ。なにが問題?」など、反論も少なくない。


 そこでリネカー氏はさらにこう書き加えた。


「うーん、ペナルティーというのがどれほど特別なものか理解してもらえているだろうか。スポーツの世界ではごく小さなパーセンテージでも、大きな違いとなることがある。寒いなかで、ボールを触ったウォームアップなどしていない状況だ。しかも計り知れないプレッシャーがかかる。(PKを)ミスする可能性はおのずと高まるというものだ」


 自身もPKの名手だっただけに説得力はあるが……。


  いずれにせよ、心配なのはレスターだ。ここ5試合で1分け4敗と勝ち星に見放され、ピュエル監督は悪しき流れを断とうと、ヴァーディー外しのショック療法に打って出たのだろう。今冬の新戦力ユーリ・ティーレマンスが初先発で上々のパフォーマンスを披露するなど収穫もあったが、勝負所で決め切れず、好調スパーズの返り討ちに遭ってしまったのだ。順位もずるずると中位に落ち込んでおり、下手をすれば残留争いに巻き込まれる危険性まで孕んできた。


 ちなみに岡崎慎司はスパーズ戦の88分に登場。同点ゴールに絡むプレーが期待されたが、ほとんど見せ場は訪れなかった。

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事