ユヴェントスMFが見たC・ロナウド「ゴールを決めた後でも1人でジム。まるで火星人」

ユヴェントスMFが見たC・ロナウド「ゴールを決めた後でも1人でジム。まるで火星人」

2019.2.11 ・ 海外サッカー

シェアする

ユヴェントスに所属するキプロス代表MFグリゴリス・カスタノスが、イタリア紙『トゥット・スポルト』のインタビューに応じ、FWクリスティアーノ・ロナウドやFWリオネル・メッシについて言及した。


ユヴェントスの下部組織出身のカスタノスは今シーズン、U-23ユヴェントスとしてセリエCを舞台に戦う。その類まれなる才能から、母国では“キプロスのメッシ”と称えられてきた過去があるが、21歳のカスタノスは、バルセロナのエースとの比較を謙遜する。


「“キプロスのメッシ”と呼ばれなくなって良かったよ。誰も彼のようになることなんてできないから、あのあだ名は好きではなかったんだ」


ユヴェントスでは、トップチームに所属するC・ロナウドのプロフェッショナルな姿に驚かされたことを明かす。


「試合終了後の姿が最も印象に残った。トリノへ戻り、全員が帰宅するところだったが、C・ロナウドだけは違った。僕がスポーツセンターを出るとき、クリスティアーノがジムへ入っていくのが見えた。同点弾を決めた後だったのに、それでも変わらずにトレーニングに向かっていた。クリスティアーノは地球上の生物とは思えない。まるで火星人のようだ」


なおカスタノスは、自身が現在プレーするセリエCに物足りなさを感じており、セリエAでのプレーを熱望している。


「セリエCではテクニックがほとんど必要とされず、フィジカルがものを言う。ユヴェントスは僕のことを信頼し、契約を延長してくれた。だが僕はセリエCレベルの選手ではないと感じている。ユーヴェのトップチームで主役となれることを願っている。U-23やプリマヴェーラに所属する僕ら全員の夢だ」




⬇今すぐ無料キャンペーンページに行ってみる⬇



記事提供:Goal

シェアする

最新記事