欧州で最も成功した日本人選手は? UEFA公式が特集…香川真司が4項目でトップ

欧州で最も成功した日本人選手は? UEFA公式が特集…香川真司が4項目でトップ

2019.2.12 ・ 海外サッカー

シェアする

UEFA(欧州サッカー連盟)は11日、「欧州で最も成功した日本人選手は誰?」と題して、日本人選手に関するデータを公式サイトで掲載した。


日本人選手に関しては、2000年代から多くの選手が欧州でプレーするようになり、現在は若くして日本から海をわたることも珍しくなくなっている。現在でもイングランドやドイツ、スペインだけでなく、様々な日本人選手が欧州クラブに在籍している。


そんな中、UEFAは、「チャンピオンズリーグ(CL=チャンピオンズカップ)出場数」「CLでの得点数」「UEFAクラブ大会における出場数」「UEFAクラブ大会におけるゴール数」という4部門において、日本人選手のランキングを掲載。そのすべてで、現在ベシクタシュに所属するMF香川真司が首位に立っている。


なお「UEFAクラブ大会」はCL(前身のチャンピオンズカップ)、EL(前身のUEFAカップ)、ヨーロッパ/サウスアメリカ・カップ(現在は終了)、カップウィナーズカップ(同)、インタートトカップ(同)、スーパーカップが含まれている。ランキングは以下のとおり。


【CL出場数(予選含む)】※カッコ内は記録時に所属したクラブ名


33試合:香川真司(ドルトムント、マンチェスター・ユナイテッド)


31試合:内田篤人(シャルケ)


19試合:中村俊輔(セルティック)


15試合:長友佑都(インテル、ガラタサライ)


11試合:本田圭佑(CSKAモスクワ)


11試合:小野伸二(フェイエノールト)


7試合:稲本潤一(アーセナル、ガラタサライ)


7試合:南野拓実(ザルツブルク)


7試合:岡崎慎司(レスター・シティ)


6試合:長谷部誠(ヴォルフスブルク)


6試合:久保裕也(ヤングボーイズ)


6試合:鈴木隆行(ヘンク)


【CL得点数(予選含む)】


4得点:香川真司(ドルトムント、マンチェスター・ユナイテッド)


3得点:本田圭佑(CSKAモスクワ)


2得点:久保裕也(ヤングボーイズ)


2得点:中村俊輔(セルティック)


2得点:南野拓実(ザルツブルク)


2得点:小野伸二(フェイエノールト)


1得点:ハーフナー・マイク(デン・ハーグ)


1得点:稲本潤一(ガラタサライ)


1得点:小林大悟(スターベク)


1得点:岡崎慎司(レスター・シティ)


1得点:田中亜土夢(ヘルシンキ)


1得点:内田篤人(シャルケ)


【UEFAクラブ大会における出場数】


53試合:香川真司(ドルトムント、マンチェスター・ユナイテッド)


40試合:内田篤人(シャルケ)


33試合:中田英寿(ペルージャ、ローマ、パルマ、ボルトン)


32試合:小野伸二(フェイエノールト)


31試合:瀬戸貴幸(アストラ)


30試合:長友佑都(インテル)


29試合:南野拓実(ザルツブルク)


24試合:久保裕也(ヤングボーイズ、ヘント)


22試合:岡崎慎司(シュツットガルト、マインツ、レスター・シティ)


22試合:和久井秀俊(ノーメ・カリュ)


【UEFAクラブ大会におけるゴール数】


11得点:香川真司(ドルトムント、マンチェスター・ユナイテッド)


9得点:南野拓実(ザルツブルク)


5得点:本田圭佑(CSKAモスクワ)


5試合:稲本潤一(アーセナル、フラム、ガラタサライ)


5試合:小野伸二(フェイエノールト)


5試合:和久井秀俊(ノーメ・カリュ)


4試合:中田英寿(ペルージャ、ローマ、パルマ、ボルトン)


4試合:久保裕也(ヤングボーイズ)


4試合:岡崎慎司(シュツットガルト、マインツ、レスター・シティ)


3試合:田中亜土夢(ヘルシンキ)


【UEFAのトロフィーを最初に獲得した日本人選手】


小野伸二(2002年,UEFAカップ)



記事提供:Goal

シェアする

最新記事