89億円マフレズの出場機会減にグアルディオラ「理由は私だ」

89億円マフレズの出場機会減にグアルディオラ「理由は私だ」

2019.2.16 ・ 海外サッカー

シェアする

マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督が、同クラブのアルジェリア代表MFリヤド・マフレズの状況について言及した。


マフレズは、昨夏にクラブレコードの推定6000万ポンド(当時約88億6000万円)の高額移籍金でレスターからマンチェスター・C入り。シーズン半ばまでは定期的な出場機会を得ていたが、直近のリーグ7試合では先発出場なし。そのうち4試合がベンチで、1試合はメンバー外となっている。


マフレズの状況について、グアルディオラ監督は「そうだね。理由は私だ。私が理由なんだ。彼は全然、悪くない。トレーニングでの彼も素晴らしいから、私は(マフレズの出場機会が少ないことを)残念に思っている。本当に信じがたいほどのタレント性がある選手だ。だが、我々は今現在、5人のストライカーを擁している」とコメント。マフレズの状態は悪くないものの、なかなか出場機会を与えることができないチーム状況であると主張した。


さらに、グアルディオラ監督はマフレズについて、「我々は彼に満足している。値するべき出場機会を与えることができていないのが事実で、彼に申し訳なく思っている。私が言えるのはそれだけだ」と選手を気遣った。


マンチェスター・Cのウイングポジションでは、リロイ・サネやベルナルド・シウバ、ラヒーム・スターリングらが好調を維持しており、厳しい定位置争いが繰り広げられている。マフレズはアピールに成功し、出場機会を増やすことができるだろうか。



記事提供:Goal

シェアする

最新記事