バジャドリーに辛勝のバルセロナ、ピケがリヨン戦に向け警鐘「改善しなければまずい」

バジャドリーに辛勝のバルセロナ、ピケがリヨン戦に向け警鐘「改善しなければまずい」

2019.2.17 ・ 海外サッカー

シェアする

16日のリーガ・エスパニョーラ第24節、バルセロナは本拠地カンプ・ノウでのバジャドリー戦を1−0の勝利で終えた。DFジェラール・ピケは試合後、チームのパフォーマンスを改善する必要性を説いている。


FWリオネル・メッシのPKによって、リーガでは3試合ぶりとなる勝利を果たしたバルセロナだが、3バックを敷いたバジャドリーの守備を崩し切るのに苦労し、決定機を迎えても決め切れないなど盤石の勝利とは言い難かった。


ピケは19日のチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦、敵地でのリヨン戦を控える状況で自チームに警鐘を鳴らしている。スペイン『バルサTV』とのインタビューで、次のように語った。


「僕たちは良いプレーを見せられなかった。まったくもって、素晴らしい試合にはならなかったね。良い感覚ではないし、改善が必要だ。火曜の試合に向けて改善できなければ、まずいことになる。僕たちは僕たちが求めているバルサではなかった」


「チャンスを生かし切れなければ、僕たちは弱いチームとなる。今回の試合までには1週間の猶予があったが、望んでいたような感覚は手にできなかった。監督にプレー内容に問題があるのかと問われれば、そうだと答えるよ」


なおピケにとってこの試合は、バルセロナの選手として臨んだリーガ通算300試合目だった。


記事提供:Goal

シェアする

最新記事