シメオネ・スタイルを肯定するグリーズマン「最後にはボール奪取を、球際の争いを好きになる」

シメオネ・スタイルを肯定するグリーズマン「最後にはボール奪取を、球際の争いを好きになる」

2019.2.19 ・ 海外サッカー

シェアする

アトレティコ・マドリーFWアントワーヌ・グリーズマンにとって、ディエゴ・シメオネ監督が実践するプレースタイルは絶対的なものであるようだ。


堅守速攻のベースとするシメオネ監督のプレースタイルは、「アンチ・フットボール」や「退屈なフットボール」と揶揄されることもある。しかし『UEFA.com』とのインタビューに応じたグリーズマンは、肯定すべきスタイルであるとの見解を述べた。


「ここのフットボールは、レアル・ソシエダで慣れ親しんできたものとは異なる。戦術レベルで守備の仕事が多く、もっと働かなくてはならない。でも、こういったプレースタイルは僕が好むものだ。このスタイルこそが僕たちを勝利に導くものだし、変える必要なんてどこにもない」


「最初は難しいよ。慣れているわけではないし、前に残ってボールを届くのを待つことを望んでしまうものだからね。だけど、ここではそんなことをしちゃいけない。全員で働き、守備でチームメートを助け、ボールを奪い、それを前に出さなくてはいけない。そして、最後には好きなるんだよ。ボールを奪うこと、その身を地面に投げ出すこと、球際の争いで勝つことをね。そうしたことは、ボールを保持した際に自信を与えてくれさえする」


アトレティコで最高年俸を受け取るグリーズマンは、同クラブにおける自身の重要性をひしひしと感じているようだ。


「クラブが抱えているプロジェクトにおいて、自分は重要な一部なんだと思っている。それが(残留を)決断する後押しになった。僕は監督、クラブ、チームメートから信頼されている……。自分が重要な人間であることは分かっているし、このクラブができる限り遠くに到達できるよう助けられたらいい」


アトレティコはチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦ファーストレグでユヴェントスと対戦。グリーズマンはこの対戦について「僕たちはできる限り進んでいきたい。まずはベスト16だ。高レベルの選手たちによる、戦術的に細かな2試合になるだろう」と意気込み、アトレティコの本拠地メトロポリターノで行われる決勝まで到達することも願った。


「僕たちやファンにとっては特別なモチベーションとなる。メトロポリターノで行われるチャンピオンズの試合では、信じられない雰囲気が生み出されるんだ。その雰囲気は僕たちが必要としているものだ。(決勝までの)道のりは困難なものだけど、僕たちは全力を出すし、すべてを出し尽くす……。どうなるか見てみようじゃないか」


記事提供:Goal

シェアする

最新記事