青森山田に超新星現わる!!  黒田監督が早くも未来の10番に指名する新1年生の正体

青森山田に超新星現わる!! 黒田監督が早くも未来の10番に指名する新1年生の正体

2019.3.15 ・ 海外サッカー

シェアする

 高校年代の強豪13チームと海外の3チームが凌ぎを削る「サニックス杯 国際ユースサッカー大会2019」が、3月14日に福岡県宗像市のグローバルアリーナで開幕した。

 

 オープニングマッチに登場したのは、昨年度の選手権王者・青森山田高とU-17マレーシア代表だ。


 青森山田は例年の問題ながらも、雪の影響でまともな練習ができず、新チームが本格的に動き始めるのは今大会から。「まだ今はチーム作り前の土台作りの段階。求めるのはよく走ること、ボールに対して厳しく行くことで細かいことは何も言っていない。冬にやってきたことをどれだけやってきたかを確認する大会」(黒田剛監督)であるため、連携がうまくとれず、攻撃でのミスも見られた。


 だが、DF藤原優大(1年)とFW古澤ナベル滋宇(1年)のゴールによって、2-0で勝利した。

 

 昨年度の選手権で活躍し、U-18日本代表に選ばれたMF武田英寿(2年)にJスカウトの視線が注がれるなか、ひと際印象に残るプレーを見せたのはボランチの松木玖生(中学3年)だ。

 

 昨年は附属の青森山田中で主将を務めた有望株で、今大会では高校入学前にも関わらず7番を背負っている。これまで高橋壱晟(山形)、郷家友太(神戸)、壇崎竜孔(札幌)など、次期エースと目される選手に与えられてきた番号であるだけに期待値は高い。

 

 その松木の真骨頂とも言えるのがメンタルの強さだ。昨年12月のプレミアリーグEAST最終節で、すでにトップチームを経験済み。そのため、高校デビュー戦でも、緊張した様子は一切見られない。

 

「昨年から試合に出させてもらったので、自分がリーダーシップをみんなよりとってやればチームが良くなると思っていたので、常に周りに声をかけるようにしていた」

 

 そう振り返るように最年少でも先輩に対して物怖じせずに要求。苦しい場面で周りを鼓舞する姿からは貫録すら漂うほどだった。

 

 もちろん、プレーのクオリティも上級生たちに見劣りしない。「サッカーに年齢は関係ない。体格が上でも自分の技術や身体の当て方で勝てる場面は増える」と、持ち前の技術力と精度の高い左足で攻撃を構築。積極的に繰り返す3列目からのフリーランも目を惹き、アタックを活性化させた。加えて、左右のCKを担当しているのも実力の証だろう。 一方で急激に身長が伸び、筋トレも精力的に行なっている最中。中学とのスピードの違いに苦しむ場面や、右足のパワー不足など課題も見られた。それでも、黒田監督の評価は上々で、「高校のスピードに慣れてきたら良くなると思う。来年は10番を背負ってやってもらわないと困る選手」と大きな期待を隠さない。

 

 ルーキーという枠組みで語るには違和感がある選手で、選手権2連覇という難しいミッションを目指すチームですでに欠かせない戦力となっている。


 松木自身も主力としての自覚は強く、「自分たちは、まだ何も成し遂げていない。チャレンジャー精神で1試合1試合戦っていけば連覇も見えてくる。自分が高校のうちに3連覇するチャンスはあるので、強い気持ちで頑張りたい」と口にする。これからの3年間で、どんな成長曲線を描くのか。松木玖生という名を今から覚えておいても損はない。


取材・文●森田将義(フリーライター)

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事