「僕だってミスはするさ…」 リバプールの“MVP級DF”ファン・ダイク、まさかの失態に本音を吐露

「僕だってミスはするさ…」 リバプールの“MVP級DF”ファン・ダイク、まさかの失態に本音を吐露

2019.3.20 ・ 海外サッカー

シェアする

 痛恨のミスに、思わず本音が漏れた。


 現地時間3月17日に行なわれたプレミアリーグ第31節、敵地でフルアムと対戦したリバプールは2-1で勝利を挙げ、1試合消化分が多いものの、マンチェスター・シティを抜いてリーグ首位に返り咲いている。


 29年ぶりのリーグ優勝を目指し、シティと文字通りのデッドヒートを繰り広げているリバプールは、このフルアム戦では苦戦を強いられた。


 26分にサディオ・マネのゴラッソで先制したものの、その後、追加点を挙げられずにいると、ゲームの終盤に思わぬ形で同点を許してしまう。


 74分、自陣バイタルエリアでフワッと浮いたルーズボールを処理しにいったフィルジル・ファン・ダイクのヘディングでのバックパスが、相手FWライアン・バベルにさらわれ、そのままゴールへと流し込まれたのである。


 その後、81分にジェームズ・ミルナーのPKで勝ち越したリバプールだったが、今シーズンはMVP級の働きを見せているディフェンス・リーダーの直接失点に繋がったミスは、大きな話題となった。

 試合後、英衛星放送『Sky Sports』のフラッシュインタビューに応じたファン・ダイクは、インタビュアーからこのプレーについて言及を求められると、「そうだね……あれはミスだ」と認めたうえで、次のようにジョークを返している。


「でも、僕はオランダ代表のために、バベルに自信をつけさせてあげようとしたのさ! もちろん嘘だけど(笑)」


 しかし、すぐに真剣な顔つきになると、レッズの巨漢CBは「ミス」に対する本音を漏らした。


「フットボールでは、ミスが起きるものだ。僕も人間だし、ミスはする。これは誰にも起きることだけれど、もう起きないよう願うよ。もし、僕らのようなDFやGKがミスをすれば、すぐに痛い目に遭う。それが、この仕事をやるうえでのリスクなんだ」


 優勝レースが激しさを増せば、選手たちは想像以上のプレッシャーと向き合わなければならない。そのなかでは、必然的にミスが致命傷となり得ることを、ファン・ダイクは十二分に理解しているようだ。


構成●サッカーダイジェストWeb編集部

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事