「ここが、踏ん張りところ」2戦連続で10人試合のフランクフルト、今年のリーグ戦初黒星も…長谷部誠は下を向かない

「ここが、踏ん張りところ」2戦連続で10人試合のフランクフルト、今年のリーグ戦初黒星も…長谷部誠は下を向かない

2019.4.15 ・ 海外サッカー

シェアする

 現地時間4月14日、ブンデスリーガの第29節が行なわれた。リーグ4位のフランクフルトはホームにアウクスブルクを迎え、1-3で敗れている。


 アウクスブルクは現在残留争いに苦しんでおり(14位)、前節終了後にマヌエル・バウム監督を電撃解任。新監督に就任したマルティン・シュミット指揮のもと、立ち上がりから非常にアグレッシブなプレーを仕掛けてきた。


 対するフランクフルトは、11日に行われたヨーロッパリーグ(EL)準々決勝第1レグでベンフィカ戦(2-4で敗北)に続いてリーグ戦、というハードスケジュールだったが、15分にフィリップ・コスティッチとゴンサロ・パシエンシアの個人技で、先制に成功する。

 

 だが、その後の展開は長谷部誠を含む主力メンバーのプレーからは疲れを感じさせた。全体的にミスが多く、自分たちのリズムをなかなかつかめない。先制点を活かせず、前半のうちに連続失点を喫し、1-2と逆転されてしまった。


 さらに後半開始早々の48分、中盤の要であるジェルソン・フェルナンデスがこの日2枚目のイエローカードで退場する。ELベンフィカ戦でも前半20分にエバン・エヌディカがレッドカードを提示されたこのチームは、2戦連続で、ひとり少ない数的不利な状況で戦うことを強いられる。


 選手たちは奮闘した。長谷部ら守備陣が踏ん張り、攻撃陣も数少ないチャンスを活かそうと前線へ走った。しかし、スコアをひっくり返すことはできなかった。


 結局、終了間際にも追加点を献上し、1-3で敗北している。

 これが12試合連続のリーグ戦出場となった長谷部は、リベロでフル出場。2019年に入って初のリーグ戦での黒星を、こう振り返っている。


「全体的に考えれば、失点の仕方が軽かったですね。後半に関してはひとり少なくなり、連戦ということもあり…これだけ長い時間ひとり少ないのは、正直、厳しいところもあります。


 ただ、最後の最後まで自分たちはトライすることはできた。とにかく今はいいシーズン送っているので、ポジティブな状態をしっかりと保っていきたい」


 とはいうものの、この敗北によって、今節勝利した5位ボルシアMGと4位フランクフルトの勝点差は1に縮まっている。


 CLストレートインとなる4位以内をキープしたいフランクフルトにとっては悔しい結果となったが、長谷部はネガティブになっているわけではない。


「自分たちの目標であるCL出場を考えれば、今日勝ち点3を取るというのは、絶対必要な条件だと思っていました。そこで勝てなかったということは、自分たちの甘さがあるのかなと感じますね。


 (ELの)ベンフィカ戦、この試合と連敗したので、もう一回、自分たちの足元を見つめる時期だと思います。そして、自分たちのいい状態というのを取り戻していかないといけない。ここが、踏ん張りところかな」


 チームの、そして長谷部の今の目標は、リーグ戦残り5試合を戦い抜いて4位以内をキープし、CL出場権を手にすること。そして、木曜日に行われるEL第2レグを勝ち抜いて準決勝に進出し、さらなる上を目指すことだ。


 フランクフルトは敵地での第1レグを2-4で落としたが、準々決勝突破の可能性はまだ残されている。


「勝ち進むためには、ホームで2点以上取らなきゃいけない。やることははっきりしている。スタジアムはきっといい雰囲気になると思うので、全部、出し切りたいと思います」


 長谷部は、この”最高のシーズン”をまだまだ終わらせる気はないようだ。


構成●サッカーダイジェストWeb編集部

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事