【現地発】大迫勇也が待望のブンデス復帰を果たした裏で―――ボルシアMGは再起の幕開けを迎えていた。

【現地発】大迫勇也が待望のブンデス復帰を果たした裏で―――ボルシアMGは再起の幕開けを迎えていた。

2019.4.15 ・ 海外サッカー

シェアする

 大迫勇也がブンデスに復帰したあの試合、ボルシアMGがブレーメンをホームに迎えた一戦での出来事だ。記者席に、空席を見つけ出した二人の若者がさりげなく座り込んでいた。ちょうど私のすぐ近くだった。ふたりはスタッフにばれないようにできるだけ声を潜めて”記者っぽい空気”を出しながら試合を観戦していた。


 ただ、”その瞬間”だけは感情を抑えることができなかったようだ。


 試合が動いたのは49分、中盤でボールをキープしようとしていたブレーメンのマックス・クルーゼが足を滑らせてボールを失う。そのボールを奪い、フリーでゴール前に抜け出したフロリアン・ノイハウスがGKをかわし、待望の先制ゴールを決めた。


 会場が突き上げるような歓喜の渦に包まれる中、ふたりの若者も立ち上がり、机をたたき、大声で叫び、喜びのガッツポーズを繰り返していた。ふと騒ぎすぎてしまったと周囲を気にしたようだったが、取り越し苦労だった。彼らだけではなくスタジアムのスタッフも一緒になって大喜びしていたのだから。

 19年2月から、ボルシアMGは不調が続いていた。第20節終了時にはバイエルンと同勝点でリーグ2位につけていたが、以降は全く勝てなくなってしまったのだ。27節にはデュッセルドルフにアウェーで1-3と完敗し、順位を5位へと下げた。気がつけば、バイエルンとの勝点差は14にも広がっていた。このままではCLどころかEL出場さえも確かではない。


 この状況からどのように這い上がるのか。チームマネージャーのマックス・エッベルは「最も困難な決断」をしなければならなかった。デュッセルドルフ戦を終えた後の4月2日、今シーズン限りでディーター・へキング監督との契約を打ち切ると発表したのだ。


 そして、ヘキングもその決断を受け止めた。納得できるものではなかったはずだし、怒りですぐに辞任という選択肢もあったろう。だがチームへの、クラブへの、そしてファンへの思いが、最後まで自分の仕事を全うしようという覚悟に変わったのだと思う。


 ボルシアMGの状況は、14-15シーズンのドルトムントに似ている。シーズン序盤からリーグでなかなか勝ち点を積み重ねることができず、残り6試合を残した段階で10位と苦しんでいた。


 ユルゲン・クロップ監督はチームの状況を一変とさせるべく、シーズン終了後に辞任すると決断。これがきっかけとなった。チームはクロップの決意を受け止めた。新たな力が宿った。そこから猛反撃を成功させ、最終的にEL出場を果たしている。 当時を知るマティアス・ギンター(現ボルシアMG)は「あの時のドルトムントは今の僕らとすごく似たような状況だった。(クロップの辞任発表後)チームは一丸となって戦い通すことができた。今だってそうだ。僕らは目標を達成するためにもう一度自分たちの力を引き出してみせる」と誓っている。


 監督辞任決定の発表後に挑んだ4月7日のブレーメン戦は、チームの新しい顔を見せなければならない試合だったのだ。


 ヘキングはガラッと戦い方を変えた。これまでの4バックから3バックに変更し、両翼にはパトリック・ヘアマンとトルガン・アザールを起用した。両者は攻撃だけではなく守備にも存在感を発揮し続けた。そして、一番の驚きはキャプテンのラース・シュティンドルをスタメンから外したことだろう。


「まず彼と朝から長い時間、話し合いをした。キャプテンは私の右腕に等しい。ここ数週間、パフォーマンスが下がっていた。最も難しい決断だった。だがキャプテンでもそうした状況ならばベンチに座らなければならない」


 ヘキングは試合後の記者会見でそう説明した。だがテレビインタビューでは執拗にこの件を聞かれたためか、こうも反論している。


「今チームは難しい状況にある。どうやってこのチームを立て直していくかにみんなが立ち向かっているのに、メディアは個人に関することを聞きたがる。EL出場に向けてチームとして戦おうとしている。どの選手も必要なんだ。シュティンドルももちろん、その一人だ」

 チームのために。それを一番体現していたのがクリストフ・クラマーだろう。14年ブラジルW杯で優勝した元ドイツ代表の選手は、今季はベンチに座ることも少なくなかった。だがクラブの窮地にベテランは確かな存在感をみせた。身体を張り、どこまでも走り続け、攻撃ではシンプルなプレーでリズムを作っていく。


 8分、中盤でラシツァからボールを奪うと、すかさず観客にサポートをアピール。チームはそんなクラマーに引っ張られるように、激しいプレーの連続でブレーメンに自由にプレーをさせなかった。


 確かにこの試合は、途中出場した大迫勇也に79分、見事なアシストを許して同点に追いつかれ、勝利することはできなかった。それでもファンからは、温かい拍手が惜しみなく送られていた。


「2-0のチャンスを生かせなかった。ダブルボランチはいいプレーを見せてくれたし、一度気を抜いてしまったのは残念だが、今日はブンデスリーガの試合に勝つために必要なものを見せてくれたと思う」


 ヘキングはこの試合をこのように総括した。勝利に越したことはない。だがこれまで失っていた大事なものがチームに蘇ったのを感じたのだ。


 ボルシアMGは翌週のハノーファー戦も1-0で勝ち切り、EL参加権が与えられるリーグ5位に浮上。4位のフランクフルトとは1ポイント差に肉薄している。


 残り数試合も彼らは捨て身で戦うことだろう。その姿を見届けたい。


文:中野 吉之伴


【著者プロフィール】

なかの・きちのすけ/1977年7月27日生まれ。秋田県出身。武蔵大学人文学部欧米文化学科卒業後、育成層指導のエキスパートになるためにドイツへ。2009年7月にドイツ・サッカー協会公認A級ライセンス獲得(UEFA−Aレベル)。SCフライブルクU-15チームで研修を積み、2018-19シーズンからは元ブンデスリーガクラブのフライブルガーFCでU16監督を務める。「世界王者ドイツ年代別トレーニングの教科書」(カンゼン)、「ドイツの子どもは審判なしでサッカーをする」(ナツメ社)執筆。オフシーズンには一時帰国して「グラスルーツ指導者育成」「保護者や子供のサッカーとの向き合い方」「地域での相互ネットワーク構築」をテーマに、実際に現地に足を運んで様々な活動をしている。

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事

おすすめ動画