【現地発】バルサはもはや攻撃偏向のチームではない。あのベティス戦を機に生まれ変わった

【現地発】バルサはもはや攻撃偏向のチームではない。あのベティス戦を機に生まれ変わった

2019.4.16 ・ 海外サッカー

シェアする

 エルネスト・バルベルデは近年のバルセロナでは異色の監督だ。


 最終ラインから徹底的にパスを繋いでボールを支配し、スペースを見つけながら相手を崩すポゼッションサッカーを実現したジョゼップ・グアルディオラ、敵陣に多くの人数を送り続けることを目的に、中盤の選手にポジションを下げてボールを受ける動きを禁じてアグレッシブなカウンターサッカーを標榜したルイス・エンリケ。この両監督に共通していたのは、その旺盛な攻撃マインドだった。


 とりわけ、センターライン付近の位置まで上げるDFラインの高さとコンパクトな守備陣形はそうしたふたりの戦術志向を雄弁に物語っていた。


 しかしバルベルデには、そこまでのこだわりはない。時間帯や試合展開に応じてハイプレスとリトリートを使い分け、時には引いて守ることも厭わない。


 もちろんリトリートへの比重が高まると、相手にシュートを打たれる機会は増える。しかしバルベルデが重視しているのは、ゴール前の危険なゾーンからのシュートをいかに回避するかという点だ。トータル10本のシュートを浴びながら枠内シュートをゼロに抑えた10日のチャンピオンズ・リーグ(CL)準々決勝・第1レグのマンチェスター・U戦(バルサが1-0で勝利)は、その象徴ともいえる試合だった。

  バルベルデがこの戦術転換するきっかけとなった試合が、3-4と撃ち合いに敗れたラ・リーガ第12節のベティス戦だ。試合後、次のような反省の弁を口にしている。


「相手にあまりにも簡単にゴール前にボールを運ばれている。攻撃の場面でも、各自がもっと守備のことも頭に入れてプレーしなければならない。それがボールを失った後の素早い守備への切り替えに繋がるんだ」。


 守備陣の背後を取られた際の脆さを露呈したこのベティス戦を境に、チームが変貌を遂げたのは数字が明確に示している。このベティス戦までバルサは全てのコンペティションを通じて18試合を戦い、そのうち7試合で2失点以上を喫した。それが、以降の32試合では2失点以上は6試合しかないのだ。

  今シーズン、とりわけ際立っているのがCLでの守備の安定感だ。ここまで12試合(9勝3分け)でわずか6失点に抑えている。


 守護神のテア・シュテーゲンが鉄壁の守備を見せれば、クレマン・ラングレとジェラール・ピケのCBコンビがその前方で堅固なディフェンスを披露。左SBのジョルディ・アルバはアップダウンを繰り返して攻守に貢献し、右SBのネウソン・セメドは課題だったプレーのムラを改善し、タイトな対人守備と骨惜しみしないランニングで存在感を発揮している。

  全てのコンペティションを通じての総失点は45点とすでに昨シーズンの42点を上回っている。とはいえ、強固な守備力が快進撃の拠り所のひとつとなっているのは間違いない。


 マンチェスター・U戦でもDFリーダーとして出色の働きを見せたピケは、シーズン佳境を迎える今後の戦いに向けて、手応えを感じているようだ。次のようなコメントを残している。


「俺たちの守備は、今がシーズンの中で一番良い状態にある」



文●ジョルディ・キシャーノ(エル・パイス紙バルセロナ番)

翻訳:下村正幸

※『サッカーダイジェストWEB』では日本独占契約に基づいて『エル・パイス』紙の記事を翻訳配信しています。

 

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事