異色キャリアのGMが語る“リアル”南葛SCの舞台裏 Vol.1――選手の獲得オファーも独特な視点で

異色キャリアのGMが語る“リアル”南葛SCの舞台裏 Vol.1――選手の獲得オファーも独特な視点で

2019.4.23 ・ 海外サッカー

シェアする

 漫画『キャプテン翼』の原作者、高橋陽一氏を代表とする「南葛SC」の2019年シーズンが始まった。開幕戦を引き分けとしたチームは、続く2節で今季初勝利を挙げると、3節も6ゴールを挙げる爆発ぶり。上々の滑り出しを見せている。

 

 昨季惜しくも関東リーグへの昇格を逃しているだけに、クラブが今季にかける意気込みは相当なものだ。開幕前には元日本代表の福西崇史氏を監督に据え、元鹿島アントラーズの青木剛、佐々木竜太などを補強。東京都リーグ1部では屈指の戦力を揃えた。

 

 クラブの強化を担うゼネラルマネージャーを務めるのは、『キャプテン翼』に関するライツ事業を手掛ける株式会社TSUBASAの代表取締役、岩本義弘氏だ。その経歴はサッカークラブのGMとしては異色なものだ。週刊誌編集者を経て、株式会社フロムワンで『サッカーキング』『ワールドサッカーキング』など各媒体の編集長を歴任。代表取締役まで務めた同社を2016年2月に退任して、親交のあった高橋氏をサポートするべくTSUBASAを立ち上げた。そして、2018年2月からは南葛SCのGM職に就いたのである。

 

 そのキャリアの中でマルチな才能を発揮してきた岩本氏だが、果たしてこの1年で南葛SCにどのように携わって来たのか。GM就任の経緯からチーム作りの舞台裏について話を伺った。

 

――◆――◆――

 

「まず、なんで僕が南葛SCに携わるようになったかというと、クラブが(南葛SCとなってから)これまでのシーズンでけっこう足踏みをしてきたからなんです。東京都の3部から2部に上がる時と、2部から1部に上がる時。一昨年は高橋先生とほとんどの試合を一緒に見ました。東京都の2部って、他の地域と比べてもけっこうレベルが高くて。ただ、チームはまだまだアマチュアのサッカーで、先生とは、『これで関東1部やJFLに行くのはすごく時間が掛かりますよね』って話をしていたんです」

 

 南葛SCを外部から見ていた当時をそう振り返る岩本氏。2部リーグに在籍していた2016年には、終盤戦でライバルだった三菱商事との直接対決で敗れ、惜しくも1部リーグ昇格を逃すシーンを目の当たりにした。

 

「その試合は、はっきり言ってアンラッキー。誤審もあってという形で負けたんですが、とはいえ、これって勝ったり負けたりであとは運だから、それは下のカテゴリーでも足踏みをしますよね、という話をして。それで先生がまずは自分のツテを頼りに、ブラジル人をふたり入れたんですよね。それでだいぶ強化もされて2017年に1部昇格を決めたんですが、1部に上がったらまた相当レベルが上がるじゃないですか」

 

 前職時代に『キャプテン翼』のライツ事業の手伝いをようになって以来、ともに歩んできた高橋氏から直接、「南葛SCも一緒にやりませんか」とGM就任の打診があったのは2017年シーズンが終わった後のことだった。

 

「先生にどこまでやりたいのかと一度伺った時に、J1を目標に最終的にはアジアや世界に出て行けるようなチームにしたいというところまで思われていた。だったら、これはけっこう本腰を入れないと、時間ばかり掛かってしまう。特に東京や関東を勝ち抜くのは厳しい。僕も20年以上サッカーの取材をしながらいろんなチームを見ましたが、やっぱり上がるチームはギアの入れ方が相当違いますからね」

 

 高橋氏の熱い想いを汲み、GMとして南葛SCの強化を担うことになったわけだが、その職務内容はいわゆるサッカー面のチーム強化だけにとどまらない。地域リーグならではの悩みや問題なども当然のように浮かび上がってくるのだった。

  岩本氏は昨年、シーズン開幕の1か月前にゼネラルマネージャーに就任。「実際には、2017年の年末には動き出してはいましたが、移籍市場のタイミング的には、ちょっと時期を逸してしまっていて、獲得できる選手も限られていた」という。GMとはいえ、「お金を稼ぐところと強化も全部やる」立場なので、選手の獲得とともにスポンサーセールスも欠かせない。

 

「まずはチームの把握をする必要がありました。もうシーズンが始まるので、待っていられないし、何人かは補強しなければいけない。そうしたなかで初めて獲った選手が柴村直弥でした」

 

 2016年にJ1のヴァンフォーレ甲府に在籍していた柴村は、翌17年に東京都1部のCriacao(クリアソン)に移籍して社員選手としてプレー。ウズベキスタンやポーランドでのプレー経験もある36歳のベテランプレーヤーだ。そんな柴村を獲得した経緯について岩本氏はこう語った。

 

「取材を通して彼とは友人でもあったのですが、世界中いろんなところに行きながら最終的にはJ1からいきなり東京都1部に移るひとってなかなかいない。すごく面白いキャリアだなあと思っていたんですが、彼自身クレバーな選手ですし、東京都1部を知っているというのが大きかった。ただ、さすがに同じ東京都1部のライバルチームにいたので、最初は即断られました(笑)。Criacaoの社員としてもやっていたので『さすがに、岩本さんでも無理です』と。

 

 それでも、ダメ元でもう一回オファーしたんです。単に選手としての契約だけじゃなく、彼は海外に強いのでキャプテン翼のライツに関わる仕事を任せたり、Jリーグの解説の仕事も紹介するというような内容で。つまり、サッカー選手としてやってきて、いろんなノウハウもあるのに、一サラリーマン選手だけではもったいないんじゃないかという話をして。今ではTSUBASAの名刺も持ちつつ、彼自身でもさまざまなビジネスをしながらプレーしています」

 

 元プロ選手の獲得も一筋縄ではいかない。当然ながら、養わなければならない家族がいる選手も多く、契約の際には、そうした選手の実生活やその後のセカンドキャリアにも寄り添って話を進めなければならない。

 

「Jリーグもある程度下のほうではそうかもしれませんが、家族の悩みや人生の悩みは重要な問題ですね。柴村もそうですが、今シーズン加入した青木も普通に考えたら来てくれるわけがない。ただ、彼も家族と離れて単身赴任で鳥栖や熊本でやっていたと聞いていて。東東京なら家族のいる鹿島から1時間程度で通えるし、セカンドキャリアの面でサポートするということも条件としては大きかったと思います」

  選手のキャリアコンサルタントとしての役割と同時に、サッカーに集中できる環境整備も重要だ。サポート企業の支援の下、会社勤めをしながらチームの練習に参加できる環境も整えなければならない。場合によっては、住宅を用意する必要もある。「正直、昨年の時点では、なんで来てくれたのか分からないレベルの選手」(岩本氏)という愛媛で10番を背負った安田晃大のように、縁もゆかりもない関東の地に移ってきた選手もいる。ブラジル人選手とともにチームに不可欠な選手として、代表の高橋氏も自身の持ち家を貸すなどして生活を支援しているという。

 

「去年は本当にそんな手探りな状態で、チームの状態を把握しながらやってきました。それこそ選手がどんな仕事をしているのかも、チームの外にいたから分からなかったので、去年の春から夏にかけては選手全員との面談もやりましたけど、けっこうきつかったですね。TSUBASAや他のメディアの仕事をしながら、みんなの職場の近くや家の近くに行って2時間くらい話すんです。まあまあバタバタの毎日でした(笑)」

 

 さらには、練習場の確保やJリーグ入りを目指すにあたってポイントとなるスタジアムの問題について、地元の葛飾区とも多くの交渉事を行なう。GMとして目まぐるしい日々をこなしながら、チームの把握に努めた昨シーズンを経て、2019年は関東リーグ昇格が至上命題となる。

 

「昨年は経験のあるチームにしたたかに戦われて」、シーズン最後に悔しい負け方をした。今年は11月の関東社会人大会で特有の土日連戦を見据えて、葛飾区への陳情の末に週2回(フットサルコートを入れると週3回)だったところ、倍の週4回のサッカーグラウンドでの練習場確保を実現。「去年勝っていてもスイッチが入らなかったかも」と前を向くGMは、今年さらに目標のJリーグへチームを加速させるつもりだ。

(第2回に続く/次回は4月30日配信予定です)

 

取材・文●長沼敏行(サッカーダイジェストWeb編集部)



***南葛SC スケジュール&結果***


■第1節:3月24日(日)

対 明治学院スカーレット(△2-2)

会場:水元総合スポーツセンター陸上競技場

KICK OFF:10:00

 

■第2節:3月31日(日)

対 ZION FOOTBALL CLUB(〇4-1)

会場:葛飾区総合スポーツセンター陸上競技場

KICK OFF:18:30KO

 

■第3節:4月14日(日)

対 FC.OSSA(〇6-0)

会場:葛飾区総合スポーツセンター陸上競技場

KICK OFF:15:00

 

■第4節:4月28日(日)

対 駒澤大学 GIOCO 世田谷

会場:千葉敬愛高等学校 内黒田グラウンド

KICK OFF:17:00

 

■第5節:5月12日(日)

対 三菱UFJ銀行

会場:水元総合スポーツセンター多目的広場

KICK OFF:15:00

 

■第6節:5月19日(日)

対 CERVEZA FC 東京

会場:葛飾区総合スポーツセンター陸上競技場

KICK OFF:18:30

 

■第7節:5月26日(日)

対 T.F.S.C.

会場:東芝府中事業所内サッカー場(人工芝)

KICK OFF:14:00

 

※以降のスケジュールは詳細が発表され次第、告知します

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事