「勝負を決めた!」先発落ちの南野拓実が意地の今季6ゴール目で“大逆転劇”を締めくくる!

「勝負を決めた!」先発落ちの南野拓実が意地の今季6ゴール目で“大逆転劇”を締めくくる!

2019.4.25 ・ 海外サッカー

シェアする

 4月24日(現地時間)、南野拓実が所属する首位レッドブル・ザルツブルクは、オーストリア・リーグの第27節で、3位のヴォルフスベルガーをホームに迎えた。


 ミッドウィーク開催でタイトなスケジュールということもあり、南野は7試合ぶりのベンチスタートとなった。


 前半、ポゼッション68パーセントとボールは支配するものの、ヴォルフスベルガーの粘り強い守備に手を焼き、なかなかチャンスを作り出せない。


 55分に先制を許したザルツブルクは、その2分後にたまらず南野を投入する。

  ドラマは終盤に待っていた。87分にCKからジェローム・オンゲネがヘッドで同点弾を奪うと、その2分後には主砲ムナス・ダブールが鮮やかミドルを突き刺し、あっという間に逆転する。


 さらに、後半アディショナルタイム4分、ドリブルで持ち込んだ南野がGKと接触。そのこぼれ球を冷静にゴールに流し込み、今シーズン6点目をゲットした。終盤の劇的な逆転劇で、ザルツブルクがリーグ6制覇に向け大きく前進した。


 南野のダメ押し点に、ザルツブルクの公式ツイッターは、「勝負を決めた!南野が締めくくった」とツイートしている。


構成●サッカーダイジェストWeb編集部

 

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事

おすすめ動画