【現地発】オーストラリア"最後の夜"に本田圭佑は何を語ったか。来季の去就は?東京五輪は?

【現地発】オーストラリア"最後の夜"に本田圭佑は何を語ったか。来季の去就は?東京五輪は?

2019.5.16 ・ 海外サッカー

シェアする

 南半球最大の都市シドニー、その中心に程近いウォーターフロント・エリアは高級ホテルやコンベンション・ホール、アミューズメント施設が立ち並び賑わうエリア。13日、そのエリアの一角にあるカジノ複合施設で「Aリーグ・ドーラン・ウォレン・アワーズ2019」が開催され、いつもより少しだけ良い格好をして取材に赴いた。


 何度聞いてもドレスコード指定がないので「メディアだし、余程じゃなきゃ問題ない」と思ったら、ノー・タイは筆者以外に一人しかいなかった。それでも、広報担当者は「まったく問題ない」と笑うので、少し場違いな気分を感じながらも、気を取り直して、ブルーカーペットに陣取り、その夜の"ターゲット"を待った。

 

 19日、今季のAリーグのフィナーレとなるファイナル・シリーズ決勝「グランド・ファイナル(以下GF)」がパースで行なわれる。そのGFに先立って、男女それぞれのフットボール史に残るレジェンドの名前を冠した授賞式を盛大に行なうのが、毎年のAリーグのならいだ。その授賞式に、メルボルン・ビクトリーでAリーグ公式戦を終えたばかりの本田圭佑が、数名のチームメイトとともに出席する。そこで、現地報道陣の一人として話を聞こうという算段だ。

 予定の5時を大分過ぎて、Aリーグ、Wリーグの選手や監督たちがパートナーと連れ立って、華やいだ姿で三々五々、ブルーカーペットにその晴れ姿を見せ始める。マチルダス(豪州女子代表の愛称)の選手は、華やかなカクテルドレスやメイクアップのせいもあって、一瞬、ファインダー越しに見違えてしまうくらいだ。

 

 昨夜の素晴らしいゴールで自らのホーム・ラストゲームを締めくくった元清水のアレックス・ブロスク。今季、パース・グローリーをGFへと導いたトニー・ポポヴィッチは、現役当時の広島でチームメイトだった幼馴染でもあるシドニーFCのスティーブ・コリカ監督と和やかなツーショットを披露。当地のサッカーを長年追ってきた身にしては、垂涎モノの顔ぶれが目の前を通り過ぎ、写真やコメントも取らないととバタバタしていた。

 

 すると、「来たぞ!」と、誰かが筆者の名前を呼びながら肩を叩いた。FFA(豪州フットボール連盟)の広報責任者が他の選手の取材中の筆者に、その夜の「本命」の到来をわざわざ知らせてくれたのだ。彼が指差した先には、黒いタキシードに身を包んだ本田圭佑、その人の姿があった。 やはり、メディアの注目度は高い。最初のカメラ・ゾーンでフラッシュを浴び、真ん中のテレビ・ゾーンでも何度も止められた。言うまでもない、そのやり取りのすべては英語だ。そして、堂に入った身のこなしはさすがとしか言いようがない。テレビのインタビューで何を語るかそば耳を立てたが、残念ながらよく聞こえなかった。その分、記者ゾーンでは、筆者はローカルの報道陣とともに話を聞くことができた。

 

 当然、最初の質問は昨夜の敗戦に関して、本田は「試合の結果には失望しているが、(その結果を)現実として受け入れている」と淡々と答え、一晩で敗戦の現実を昇華されている様子が伺われた。さらには「昨夜のシドニーFCは、GFに進出するに相応しいチームで彼らの勝利を祝福したい」と相手への敬意も忘れない。


 別の現地記者が、「出だしは良かったが、怪我でその流れを断たれて、結局、タイトル無しのシーズンになった豪州での一年をどう振り返るのか」との質問をぶつけると、噛みしめるように答えた。

「フットボールは試合を重ねるごとに少しずつ相手を理解していくもの。各チーム、選手はどうやって僕を止めるかを確実に学んできたし、Aリーグは決して簡単ではなかった。常にベストを尽くしてやってきたが、素晴らしいプレーが出来たゲームも、そうでないゲームもすべてが素晴らしい経験となった」

 

 さらに、「この経験を、オリンピックなど新しい挑戦に活かしていきたい。そして、昨日のような敗戦でも最後まで諦めず、応援してくれたサポーターに大きな感謝の意を伝えたい。あんな状況下でも変わらぬ素晴らしい応援は、今まで経験したことがない」と、新たな目標への抱負とサポーターへの賛辞をしっかりとした口調で語った。

 

 さらに他の記者が、さきほどの答えの中の「新しい挑戦」を具体的な移籍先・プランなどを聞き出すことで深掘りしようと試みる。そこは、さすがの千両役者。

 

「今、考え中。来季プレーできる素晴らしい機会を探しているところ。今のところは何もないが………」と言って、ワンテンポ置いて、“You will see”(直にわかりますよ)とサラリと言うと、再び、ブルーカーペットを歩み始めた。

 

 その場に残った記者たちと雑談をしていて、本田の英語力の話題になった。「間違いなくシーズン当初より上手くなってるよ」という一人の記者に、もう一人が「朝5時に起きて、英語のレッスンやってるらしいよ」と。それに筆者は「5時かは知らないけど、確かに努力は続けているらしい。だから上手くなったと思ったんだろ」と答えると、「うん、そうだな」と記者は納得顔。確かにインタビューを英語で終え、それを彼らはそのままコメントとして記事に使えるのだから、もうその英語力は相当なレベルにある。

 

 本田の新しい挑戦が、どこで何をすることなのかは、私のような豪州ローカルのライターには、想像するしかない。

 

 ただ、一連のやり取りで、来季は「オリンピック」という目標を明確に示し、そのために最適な機会を探しているという方向性は、本人の口から聞けた。正直、本田がどこの国で来年するかは、あまり興味がない。長年、豪州サッカーを追ってきた身には、本田が彼自身が言ったように、ここ豪州で得た経験をどう今後に生かしていくのか、その得た経験、知見というのが、今後の彼のキャリアに何をもたらすのかがもっと気になる。

 本田圭佑は、昨晩のような華やかな宴の場でも、抜群の存在感を示した。堂々とブルーカーペットを歩く本田の姿を見ながら、この先、彼が歩き続ける先には何か待つのか――と、一瞬、思いを致したものの、筆者なんかには想像がつかない。一つ確かなのは、「Keisuke Honda」という稀代のカリスマが、豪州の地にいろいろな形でしっかりと足跡を刻んでいるということ。そのあたりは機会を捉えて、もう少し掘り下げてみられればと思う。

 

取材・文●植松久隆(フリーライター)

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事