ユナイテッドは“隣人”の国内3冠を応援すべき? 「悪夢の夏回避」にはシティのFA杯優勝が必至

ユナイテッドは“隣人”の国内3冠を応援すべき? 「悪夢の夏回避」にはシティのFA杯優勝が必至

2019.5.16 ・ 海外サッカー

シェアする

 プレミアリーグで連覇を成し遂げたマンチェスター・シティは、現地時間5月18日にワトフォードとのFAカップ決勝に臨む。リーグ・カップも制しているシティは、勝利すれば、国内3冠達成だ。


“隣人”の偉業は、マンチェスター・ユナイテッドにとって面白くないだろう。だが、ライバル感情を除けば、彼らはシティが優勝できるように応援すべきなのかもしれない。


『ESPN』は5月15日、FAカップ決勝の結果が、ユナイテッドの夏の計画に大きな影響を与えると報じている。今シーズンのプレミアリーグを6位で終えているため、優勝チームにヨーロッパリーグ(EL)出場権が与えられるFAカップをワトフォードが手にすれば、ELを予選から戦わなければいけないからだ。


 仮にワトフォードが優勝した場合、7月25日にEL予選に出なければならなくなるため、上海で開催が予定されているトッテナムとのインターナショナル・チャンピオンズ・カップの出場が危ぶまれる。また、『ESPN』によると、ユナイテッドは7月30日にオレ・グンナー・スールシャール監督の故郷のチームとフレンドリーマッチを行なうことも予定しているという。


『ESPN』は、関係者の話として、ユナイテッドがリザーブチームの起用や日程・会場の変更など、プレシーズンマッチの予定を変更する代案も用意していると報じた。

  だが当然、プレーオフを含めたEL予選の各ラウンドもこなさなければならず、プレシーズンのスタートをはじめ、様々なスケジュールへの影響は小さくないだろう。


 一方で、シティが国内3冠を果たせば、ユナイテッドはELグループステージからの出場となり、プレシーズンの予定を変更する必要がない。


 ユナイテッドの思わぬ悩みに『ESPN』は、「日程の悪夢を避けるにはシティのFAカップ優勝が必要」とし、「夏のカオス回避にライバルを頼らなければいけない」と伝えている。


 18日のFAカップ決勝を、ユナイテッドとそのサポーターはどのような思いで見守るのだろうか。いずれの結果も穏やかなものではないのは確かだろう。


構成●サッカーダイジェストWeb編集部

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事