ACL16強の顔触れに韓国メディアが本音「韓日中の三国志でKリーグが一歩遅れた」

ACL16強の顔触れに韓国メディアが本音「韓日中の三国志でKリーグが一歩遅れた」

2019.5.23 ・ 海外サッカー

シェアする

「Kリーグの四龍、同伴16強進出に失敗」。これはACLグループステージ全日程終了を受けて、スポーツ新聞『スポーツソウル』が報じた第一報だ。

 

 最終節を待たずして全北現代がグループG、蔚山現代がグループHの1位通過を決めていたなか、大邱FCと慶南FCの突破を期待する声も多かったが、広州恒大と2位の座を争っていた大邱は直接対決に敗れてグループFの3位に終わり、ジョホールに2-0で勝利した慶南も鹿島アントラーズが山東魯能に勝利して自力でグループEの2位を確保したため、有終の美を飾れなかった。

 

 それだけに2チームに対して厳しい意見があると思いきや、「大邱と慶南、16強ではなくとも意味はあった」(『FOOTBALLIST』)、「惜しかったが希望を見た……グループステージ敗退で止まった市民クラブのACL挑戦」(『GOAL.COM』韓国版)と、その戦いぶりを評価する論調が多かった。

 

『スポーツQ』などは「大邱と慶南のACLの行楽は十分に美しかった」と、「美しかった」という言葉を見出しに使ったほどである。「美しい挑戦を終えたKリーグの市民クラブ」というコラムを掲載した一般紙『世界日報』もこう報じている。

「Kリーグの市民クラブを見て真っ先に浮かぶ単語は“劣悪さ”だ。企業クラブに比べると不足している支援と薄い選手層で、国内のKリーグでさえ常に厳しい戦いを強いられる。そんな市民クラブが2019年は希望を与えてくれた。慶南と大邱が、ACLの舞台で中国や日本などの頂上級チームと堂々と渡り合ったからだ。2チームとも最後まで16強進出の希望もあった」(『世界日報』)

 

 ただ、すべてのメディアが大邱と慶南を手放しで評価しているわけではない。『スポーツ韓国』は、「結局、市民クラブの限界? “初出場と薄い選手層”の克服は難しかった」と題した記事のなかでこう指摘している。

 

「2チームとも初出場のせいか、選手団やフロントさえもACLに対する態度が生硬で未熟さがあった。市民クラブの特性上、財政に限界があるため全北や蔚山のようにローテーションを組める“ダブル・スカッド”を備えていなかった。二元化しなければならないのに、並行できると欲張った。 そのため、体力的限界も明らだった」 いずれにしても大邱と慶南はKリーグ・市民クラブの希望と限界の両方を示したわけだが、それだけに目を引いたのが企業クラブの代名詞的存在の全北現代と蔚山現代の安定感だった。ともに現代グループを親会社にしており(全北は現代自動車、蔚山は現代重工業)資金力もあるが、著名なサッカージャーナリストであるソ・ホジョン記者も、『NAVER SPORTS』に寄稿した「大邱・慶南はよく戦い、蔚山・全北は強かった」と題したコラムなかでこう綴っている。

 

「全北現代と蔚山現代は強者の余裕を見せた。(中略)2チームともにKリーグでも首位争いを牽引するほど、スカッドが分厚く明らかに他とは違っていた」

 それだけに決勝トーナメント進出を決めた全北と蔚山にかかる期待も大きい。『サッカージャーナル』も「ACL進出権3+1、全北と蔚山がしっかり守らなければならない」というコラムのなかでこう訴えている。

 

「Kリーグが多少停滞している間、中国スーパーリーグ(山東、広州、上海)と日本のJリーグ(広島、鹿島、浦和)は3チームが16強に進出した。アジアサッカーの韓日中三国志でKリーグが一歩遅れたわけだ。(中略)これから始まるトーナメントで全北と蔚山が好成績を出してこそ、(来季ACL出場権の)3+1を守ることができる」

 

 6月16日と26日に行なわれるラウンド16で、全北は上海と、蔚山は浦和と対決する。再び実現する“ミニ日韓戦”もヒートアップした戦いになりそうだ。

 

構成●ピッチコミュニケーションズ

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事