ソン・フンミンは"アジア史上最高"の選手になれるか? 韓国内で話題沸騰、パク・チソンも「CL優勝を」と熱いエール

ソン・フンミンは"アジア史上最高"の選手になれるか? 韓国内で話題沸騰、パク・チソンも「CL優勝を」と熱いエール

2019.5.27 ・ 海外サッカー

シェアする

 UEFAチャンピオンズリーグ(以下、CL)決勝への関心が韓国でも高まっている。もともと韓国でもCLは人気と高いが、今年はソン・フンミンが属するトッテナムが決勝に進出したこともあって、いつになく関心が高い。

 

 ソン・フンミンの体調やトッテナムのチーム状況、欧州メディアが報じる先発予想など、CL決勝に関して様々な事前情報が報じられている。

 

 そんななかで増えているのが、ソン・フンミンとパク・チソンの比較だ。かつてマンチェスター・ユナイテッドの一員としてCL決勝のピッチにも立ったパク・チソンの経歴を引き合いに出しながら、「技量満開のソン・フンミン…パク・チソンを超えて“ワールドクラス”に成長」(『TV朝鮮』)などの報道が増えている。

 

 韓国人プレミアリーガーの先駆者であるパク・チソンとソン・フンミンは過去にも何度が比較されてきた。

 

 例えば2018年12月には韓国の国営放送KBSが、チャ・ボングン、アン・ジョンファン、チェ・ヨンス、イ・ヨンピョら歴代代表選手やサッカー解説者など計10名に意見を聞いた比較調査を実施。その時は「パク・チソン5票、ソン・フンミン3票、棄権2票」だった。「ファーガソン監督やヒディンク監督も重宝した卓越した戦術遂行能力と所属クラブでの獲得タイトルと貢献度でパク・チソンに軍配が上がっていた。

 イギリス・メディアのBBCが2019年2月16日付けの記事のなかで、「ソン・フンミンよりも以前に欧州舞台を駆け回ったアジア選手が数名いたが、その誰もソン・フンミンのレベルには接近できていない。マン・Uでプレーしたパク・チソンが非常に人気を得たが、今年の選手賞に接近するほどではなかった」と報じられた時も、その直後に元マン・Uでパク・チソンと親しいパトリック・エブラが中国メディアに「ソン・フンミンは好きだ。現在のプレミアリーグ最高の選手のひとりだが、彼がアジア歴代最高選手ということには同意できない。パク・チソンとソン・フンミンを比較するのは不公平だ」と語ったことも報じられ、ポジションが異なるふたりだけに単純比較できないという意見が常にあった。

 

 ただ、ソン・フンミンがCL準決勝進出を決めると、『朝鮮日報』でなどは「ソン・フンミン、パク・チソンを超えた」という記事も掲載。パク・チソンはCL通算55試合・4得点、ソン・フンミンはレバークーゼン時代も含めて39試合で12得点と、ゴール数でパク・チソンを凌駕したことがその理由だ。記事の中で韓国サッカー協会元副会長のイ・ヨンス氏も、「ふたりはポジションとスタイルが異なる。ただ、ソン・フンミンはチームの主力でありストライカーとして勝敗を左右する決定的な役割をしているという点で、やや引き立って見える」と評価したほどだ。

  それだけに韓国メディアがソン・フンミンに期待するのはゴールとタイトルだ。『OSEN』は、「パク・チソンも成し遂げられなかったCL決勝での得点…ソン・フンミン、トッテナムでアジアの新しい歴史を書けるか」と、パク・チソンも成しえなかった快挙達成に期待を寄せる。

 

 マン・Uの一員としてCL優勝1回(2008年)、準優勝2回(2009年、2011年)を数えるパク・チソンだが、優勝した2008年はピッチに立てなかった。2008年は先発出場、2011年はフルタイム出場しているが、いずれもバルセロナに敗れて準優勝で終わっている。得点記録もない。そんなパク・チソンも成しえなかった大活躍をソン・フンミンは期待されているのだ。

 そして、そんなソン・フンミンにパク・チソンもエールを送る。韓国メディア『スポーツソウル』によると、パク・チソンはソン・フンミンへのメッセージを求められると、「CL優勝は1度ぐらい達成すべきだだろう」と期待と愛情たっぷりに語ったという。

 

 果たして、ソン・フンミンは韓国サッカー界の"レジェンド"も成し得なかった快挙を達成できるか。


構成●ピッチコミュニケーションズ


参照記事:『スポーツソウル』日本版

パク・チソン、CL決勝に挑むソン・フンミンについて語った言葉が話題に

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事