米誌発表のアスリート長者番付で年138億円を稼いだメッシがトップに! Jリーガーで唯一ランクインしたのは…

米誌発表のアスリート長者番付で年138億円を稼いだメッシがトップに! Jリーガーで唯一ランクインしたのは…

2019.6.12 ・ 海外サッカー

シェアする

 米誌『Forbes』が現地時間6月11日、毎年恒例のアスリート長者番付の2019年版を発表した。


『Forbes』が、2018年6月から2019年5月までの1年間でアスリートが獲得した賞金、サラリー、エンドースメント等を集計したデータ(ただし、代理人の手数料や投資による収入は考慮されていない)を基に年間収入を算出。各スポーツ界から錚々たる顔ぶれが並ぶなかでTOP3はフットボーラーが独占した。


 首位に立ったのは、昨年は2位だったバルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシだ。アディダスやマスターカード、ペプシコなどのスポンサー契約によって年収1億2700万ドル(約138億円)を手にした。


 20億円差でこれに続いたのが、ユベントスのポルトガル代表FWクリスチアーノ・ロナウドで、1億900万ドル(約118億円)を稼いだ。そして3位はパリ・サンジェルマンのブラジル代表FWネイマールが1億500万ドル(約114億円)でランクインした。


 ちなみにサッカー選手がTOP3を独占するのは、集計を始めた1990年以来、史上初の出来事だったという。また『Fobes』によると、トップに立ったメッシは1億2700万ドル(約138億円)のうち3500万ドル(約37億8000万円)をスポンサー収入で手にしている。世界的なアイコンであることが改めて証明されたと言えるだろう。


 今年の上位100人を見ると、前述の3人のほかにJ1のヴィッセル神戸に所属する元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタやマンチェスター・ユナイテッドのフランス代表MFポール・ポグバなど、サッカー界から12人がランクイン。前年度からは全体的に増額しており、サラリーやスポンサー収入の高騰の影響が如実に表れた結果となった。

  なお、2018年度版で2億8500万ドル(約313億円)を荒稼ぎしたアメリカ人ボクサーのフロイド・メイウェザーは公式戦を組んでいなかったことも影響してトップ100から脱落。また、日本人アスリートでは唯一、プロテニスプレーヤーの錦織圭が3730万ドル(約40億4700万円)で35位にランクインした。


 サッカー界からランクインした12選手の順位と収入額は、以下の通りだ。


1位(全体1位) リオネル・メッシ(1億2700万ドル=約138億円)

2位(全体2位) クリスチアーノ・ロナウド(1億900万ドル=約118億円)

3位(全体3位) ネイマール(1億500万ドル=約114億円)

4位(全体44位) ポール・ポグバ(3300万ドル=約35億6400万円)

5位(全体46位) アンドレス・イニエスタ(3250万ドル=約35億1000万円)

7位(全体53位) アレクシス・サンチェス(3080万ドル=約33億2640万円)

8位(全体55位) キリアン・エムバペ(3060万ドル=約33億480万円)

9位(全体57位) メスト・エジル(3020万ドル=約32億6160万円)

10位(全体66位) オスカール(2900万ドル=約31億3200万円)

11位(全体75位) アントワーヌ・グリエーズマン(2770万ドル=約29億9160万円)

12位(全体79位) ガレス・ベイル(2710万ドル=約29億2680万円)

※1ドル=108円で換算


構成●サッカーダイジェストWeb編集部

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事