「自分に何が残ったのか」「引きこもりたくなる…」元アーセナルのエブエ、自殺願望や抗うつ薬服用を告白

「自分に何が残ったのか」「引きこもりたくなる…」元アーセナルのエブエ、自殺願望や抗うつ薬服用を告白

2019.6.12 ・ 海外サッカー

シェアする

 一見、華やかな世界に見えるサッカー界で活躍した人物でも、一生の安泰が約束されているわけではない。


 かつてアーセナルで活躍した元コートジボワール代表のエマニュエル・エブエは、2016年3月にサンダーランドから短期契約を解消された。代理人への支払い問題で、国際サッカー連盟(FIFA)から1年間の活動停止処分を科されたからだ。


 エブエはコートジボワール代表で79キャップを記録し、ワールドカップにも2度出場している。クラブでもアーセン・ヴェンゲルに重宝されたアーセナル時代の活躍に加え、トルコの強豪ガラタサライではシュペルリギ3連覇にも貢献した。


 だが、処分を科され、エブエのサッカー人生は一変した。英公共放送『BBC』によると、フランスのラジオ局『RMC Sport』の番組に出演した元コートジボワール代表DFは、「1年もピッチから離れたのは辛かった」と振り返っている。


「自分で練習しなければならず、人の自分への見方が変わって、本当に恥ずかしくなった。朝練習が好きだったけど、写真を撮られて(SNSで)拡散された……。だから夜に練習するようになった」

  さらに、エブエは、「日中に練習できず、家にいるのも恥ずかしかった。子どもたちからピッチに戻るのはいつか問われるようになり、朝、仕事に出かけるフリをするようになった」と続けた。


「子どもたちに知られないように外にいて、寝てから帰宅するようにしていた。テレビで自分がプレーするところを見られない理由を、子どもたちに聞かれたくなかったんだ」


 結局、プライベートでも離婚問題を抱え、金銭的にも苦境に陥ったエブエは、「4日間ぐらい部屋に引きこもりたくなることがある。『自分に何が残った?』と自問してね……」と述べ、自殺を望んだほどだったと話している。


「今でも、自分は抗うつ薬を飲んでいる。自分にはまだ長い道のりが残っているからだ。でも、このことからみんなが学んでほしいと思ってここ(番組)に来た」


 はたして、今月4日に36歳になったエブエはこれから、どのような人生を歩むことになるのだろうか。


構成●サッカーダイジェストWeb編集部

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事