「みんな親切ですっかり溶け込めた」久保建英のインタビューがマドリー公式に再び登場!「とくに驚いたのは…」

「みんな親切ですっかり溶け込めた」久保建英のインタビューがマドリー公式に再び登場!「とくに驚いたのは…」

2019.7.16 ・ 海外サッカー

シェアする

 連日の登場だ。


 FC東京からレアル・マドリーに移籍した久保建英は、トップチームに帯同してカナダ・モントリオールでのプレシーズンキャンプに参加している。


 カスティージャ(Bチーム)の登録ながら、ミニゲームでゴラッソを連発するなど存在感を発揮し、その注目度は日に日に上昇。7月14日には、マドリーの公式ホームページにミニインタビューがアップされ、世界屈指のスター選手であるエデン・アザールとの絶妙な“絡み”を披露した。



 その反響が大きかったのだろうか。翌15日にも、再び久保のショートインタビューが公式ホームページに掲載された。クラブ公式チャンネル『レアル・マドリーTV』の取材に対し、キャンプインからの約1週間を流暢なスペイン語でこう振り返っている。

 「フットボール選手としても、人としても、ピッチの中でも外でも多くのことを学んでいます。素晴らしい時間を過ごしています」


「とくに、すべての人のクオリティーの高さに驚いています。チームメイトもコーチもとても親切で、すっかり溶け込めました。与えられたこのチャンスを活かさないといけませんが、こんな機会は誰でも手にできるわけではないので、楽しまなければいけませんね」


 最後に、日本の“マドリー熱”について、「日本では、レアル・マドリーへの情熱がとてもあります。私は、世界最高のクラブでプレーできることを誇りに思います」と語った久保。その力強い言葉には、充実感がはっきりと表われていた。


構成●サッカーダイジェストWeb編集部

 

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事