バルサの「SB問題」は新シーズンに持ち越し? 層の薄い左サイドがより深刻

バルサの「SB問題」は新シーズンに持ち越し? 層の薄い左サイドがより深刻

2019.7.24 ・ 海外サッカー

シェアする

[楽天カップ2019]バルセロナ 1-2 チェルシー/7月23日/埼玉スタジアム2002


 プレシーズン最初のゲームでチェルシーと対戦したバルセロナ。フレンドリーマッチだけに勝ち負けは重要ではないが、ひとつ気になったのが、昨シーズンから継続して同じ問題を抱えていたという点だ。


 それが、左右のサイドバック。頭数は十分ながら、絶対的と呼べる選手が存在しない右と、ジョルディ・アルバの代役が見当たらない左。この問題はいまだ解決されていない。


 このチェルシー戦でエルネスト・バルベルデ監督は、オリオル・ブスケッツとネウソン・セメドを前後半に分けて右で起用。左はジョルディを前半、Bチーム所属のギリェム・ジャイマを後半に使っている。

  本来はピボーテのオリオル・ブスケッツを、右SBで起用したことについて試合後に聞かれたエルネスト・バルベルデ監督は、次のように述べている。


「いまはテストの期間。いろいろ試す時期なんだ。みなさんもご存じのように、右には他に、セルジ・ロベルト、ネウソン(セメド)、そしてムサ・ワゲという選手もいる。(セネガル代表の)ムサ・ワゲは、アフリカ・ネーションズカップでも良いプレーをしていた。これからもいろんな選手を試していきたい」


 数が揃っているだけ右はいいかもしれない。最大のネックはジョルディの代役不在が続く左だ。CBでありながら左もこなせたトーマス・ヴェルメーレンが退団し、問題はさらに深刻化した印象で、チェルシー戦の後半でプレーしたジャイマのパフォーマンスもまだまだといった感じだった。もっとも彼は、右サイドを本職とする選手(利き足も右)。それも致し方ないところだろう。


 こうした現状を目の当たりにすると、エイバルから攻撃的な左SBのマルク・ククレジャを一度は買い戻しながら、直後にヘタフェにレンタルで出した動きは、やはり理解に苦しむ。


 はたして、このSB問題。バルベルデ監督は、移籍期限の9月2日までに解決できるのか。バルサの移籍市場の動きにも注目したいところだ。



取材・文●竹田 忍(ワールドサッカーダイジェスト編集部)



 

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事

おすすめ動画