安部裕葵はBチームでレギュラーを奪うのも難しい? バルサの逸材たちがチェルシー戦で見せたポテンシャル

安部裕葵はBチームでレギュラーを奪うのも難しい? バルサの逸材たちがチェルシー戦で見せたポテンシャル

2019.7.24 ・ 海外サッカー

シェアする

[楽天カップ2019]バルセロナ 1-2 チェルシー/7月23日/埼玉スタジアム2002


 このチェルシー戦が、今夏のプレシーズンで初の実戦となったバルセロナは、ハーフタイムに先発11人を総入れ替え。計22選手が埼玉スタジアムのピッチに立った。


 そのうち、スタメンに名を連ねたリキ・プッチ、アレックス・コジャード、オリオル・ブスケッツ、後半から登場したカルラス・ペレス、ギジェム・ハイメの5人はBチームに所属する選手だ。


 とりわけ異彩を放ったのが、インサイドハーフに入った19歳のプッチで、鋭い反転からの推進力のあるドリブルや絶妙のヒールパスで観客を魅了した。


 左ウイングで先発した20歳のコジャードも、左足の技術の高さを随所に披露。本来はトップ下やインサイドハーフが主戦場で、昨シーズンからBチームでは絶対的な存在だった。


 その技巧派レフティーに代わって左翼を任された21歳のカルラス・ペレスも、左利きのウインガーだ。この試合でも2人のDFを軽やかにかわしてシュートを放つなど、自慢の打開力をアピールした。


 プレミアリーグの強豪を相手に、若きタレントたちが堂々たるプレーを見せたことをエルネスト・バルベルデ監督も評価。「今シーズンに素晴らしいプレーを見せてくれる可能性のある選手たちだ」と目を細めた。

  今夏に鹿島アントラーズからバルサBに移籍した安部裕葵にとっては、この逸材たちが同僚でありライバルとなる。


 前述したC・ペレスなどと、ポジションを争うことになるのだ。トップチーム昇格どころか、Bチームでレギュラーを奪うのも容易ではない。


 故障のためベンチ入りメンバーから外れた安部は、いきいきととプレーするチームメイトたちの姿を見て、何を感じたのだろうか。


取材・文●江國 森(サッカーダイジェストWeb編集部)



記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事