ネイマールの移籍交渉がついに本格スタート!「コウチーニョ+セメド+150億円」を希望するパリSGに対し、バルサが掲示したのは…

ネイマールの移籍交渉がついに本格スタート!「コウチーニョ+セメド+150億円」を希望するパリSGに対し、バルサが掲示したのは…

2019.8.14 ・ 海外サッカー

シェアする

 バルセロナが、いよいよ動き出した。8月13日、欧州の主要メディアは、バルサがエリック・アビダルら幹部をフランスに派遣し、ネイマール復帰についてパリ・サンジェルマンと交渉したと報じている。


 ネイマールを巡る状況は周知のとおりだ。史上最高額での移籍から2年。ブラジル代表のスターは、花の都を去るつもりだ。パリSGもオファー次第で放出する意向だが、バルサは全額を現金で賄うことがきでないため、ビッグネームに金銭を加えた取引が注目されている。候補に挙がっているのは、フィリッペ・コウチーニョやイバン・ラキティッチ、ネウソン・セメドといった選手たちだ。


 パリSGのレオナルドSDとの数時間にわたる話し合いは、ネイマール問題の解決には至らなかった。巨額が動く取引だけに、一朝一夕でまとまらないのは当然だ。ただ、会談を受けての反応を巡る報道には、微妙な違いも見受けられる。


 スペイン紙『MARCA』は、難しい交渉であることは変わらないとしたうえで、バルセロナ側が以前よりは悲観していないと報道。ネイマール復帰に向けて「少し近づいた」としている。一方、『AS』紙は、前進がなかったとしたうえで、パリSGと直接交渉を始めたことが、同じくネイマールを狙うレアル・マドリーに対する戦略的なアドバンテージになると伝えた。

  だが、『ESPN』は、交渉に進展はなく、パリSGが「不満」を抱いていると報じた。パリSGはコウチーニョとセメドに1億2000万ユーロ(約150億円)を加えた条件を望んだが、バルサが提示した最高の条件は、コウチーニョとラキティッチに8000万ユーロ(約100億円)を加えたものだったという。


 プレミアリーグの移籍市場がクローズし、マンチェスター・ユナイテッドのポール・ポグバの獲得が難しくなったマドリーが、本腰を入れて狙うとも言われているネイマール。パリSGとの取引をまとめるのは、スペインの2大クラブのどちらなのか。あるいは、どちらの交渉も破談に終わるのか。この夏最大のビッグディールとなり得る交渉の展開が注目される。


構成●サッカーダイジェストWeb編集部

 

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事