「ダイチは飛躍してくれる」フランクフルト智将が期待を寄せる鎌田大地、2年ぶりの開幕戦で感じた”変化”とは?

「ダイチは飛躍してくれる」フランクフルト智将が期待を寄せる鎌田大地、2年ぶりの開幕戦で感じた”変化”とは?

2019.8.20 ・ 海外サッカー

シェアする

 現地時間8月18日、長谷部誠と鎌田大地が所属するフランクフルトはホームでブンデスリーガ開幕を迎え、ホッフェンハイムに1-0で勝利した。


 鎌田は、3-4-2-1のダブルトップ下の一角としてスタメン出場。開始直後に左サイドへ鋭い動きで飛び出して味方のロングパスを引き出すと、そこで起点を作り、CKを獲得。このCKからの流れでコスティッチが素晴らしいクロスをゴール前に送ると、ヒンターエッガーが、左足のダイレクトボレーを突き刺し、結果としてこれが決勝点になった。


 鎌田は48分にも、DFを振り切ってドリブルでペナルティーエリア内へと持ち込んだ。DFをかわして素早く右足でシュートを放ったが、残念ながらこれはGKのファインセーブに阻まれている。


 ドイツ紙『BILD』の採点は「3」。これは得点者であるマルティン・ヒンターエッガーと、アシストしたフィリップ・コスティッチの「2」に次ぐ評価で、長谷部とともに及第点以上が与えられている。


 寸評では「48分にホッフェンハイムの3人をひとりで振り切り、素晴らしいチャンスメークを見せたが、フィニッシュの場面で運がなかった。主力たちと比べても遜色なく、いくつかの惜しいチャンスを迎えた」と綴られている。

 

 48分の逸機について、鎌田は反省しきりだった。


「もうひとつ深く踏み込めば、キーパーの届かないところに打てたと思う。ああいうシーンをもっと増やして、ゴールに入れられるようになっていかないとダメ」


 実は鎌田は2年前も、この日と同じように開幕戦の舞台に立っていた。


「2年前は、開幕スタメンに自分自身がビックリしていた。練習でもチームにあんまりついていけてないイメージがあった。でも今年の開幕戦は、プレシーズンもずっと良かったと思っていて、このチームでやれると自信を持って臨めた。気持ちのうえでは全く違う」 その言葉通り、プレシーズンでは好プレーを披露し、監督、チームメイト、ファンの信頼を得ていた。だが、やはりブンデスリーガの公式戦で受ける相手のプレッシャーの激しさはプレシーズンとは段違いのようだ。


「今までの試合ならもっとできていたと思う。ボールも今日は失う回数が多かった。このチームでは、僕はもっとキープできないとだめだと考えているし、まだまだ向上していかないと」


 とはいえ、収穫もあったようだ。


「前を向けた時やゴール前では、自分の形で(ボールを)持つことができれば通用すると思った。今日はチームとしてチャンスがなかなか作れなかったけれど、自分の間合いでプレーができる手応えはある。今は、やっていける自信もついた。次に備えて、練習からしっかりやっていきたい」


 ルカ・ヨビッチ、セバスティアン・アレら主力が多数抜けたフランクフルトにおいて、鎌田への期待値は高い。アディ・ヒュッター監督も「今シーズンのダイチは大きく飛躍してくれると信じているよ」とそのポテンシャルを高く買っている。


 23歳の若武者はその期待に応えて、ドイツの地でブレイクを果たすのか。勝負のシーズンが幕を開けた――。


構成●サッカーダイジェストWeb編集部

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事