野戦病院化するマドリー、久保建英を次節バジャドリー戦に向けたトレーニングに招集!現地紙も注目

野戦病院化するマドリー、久保建英を次節バジャドリー戦に向けたトレーニングに招集!現地紙も注目

2019.8.21 ・ 海外サッカー

シェアする

 現地時間8月17日、レアル・マドリーはラ・リーガ開幕節でセルタを3-1と破り、白星スタートを切った。


 ホーム開幕戦となる次節のバジャドリー戦は、8月24日に開催される。


 この一戦に向けたトレーニングに、ジネディーヌ・ジダン監督はカスティージャ(Bチーム)から、久保建英を招集した。8月20日付けのスペイン紙『MUNDO DEPORTIVO』が伝えている。


 同紙は「クボ、バリャドリーとの一戦に向けたトレーニングに参加」との見出しを打った記事のなかで、次のように綴っている。

 「故障中のアザール、メンディ、ブラヒム・ディアス、アセンシオ、ロドリゴが復帰するためのプロセスを踏んでいる一方、フランス人指揮官は、カスティージャからアルトゥーベ、クボ、フラン・ガルシアを招集した」


 記事によると、この日はウォームアップの後、フィジカルトレーニング、ボールを使った練習、戦術的なトレーニングを行なったという。


 ジダン監督はかねてより、「クボはカスティージャに籍を置き、トップチームの練習に参加させる」とのプランを明らかにしており、“一軍”のトレーニングに参加すること自体は驚きではない。


 それでも、バルセロナ寄りの同紙があえてこの事実を取り上げたのは、やはり故障が続出し、マドリーがさながら野戦病院化しているからだろう。そのうえ、セルタ戦でレッドカードを受けたルカ・モドリッチはバジャドリー戦に出場できない。記事では言及していないものの、ベンチ入りする可能性がゼロではないのは間違いない。


構成●サッカーダイジェストWeb編集部


 

 

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事