「神のままだった」「100点満点の完成度」プレミア往年の名手たちによるゴラッソにファンが熱狂

「神のままだった」「100点満点の完成度」プレミア往年の名手たちによるゴラッソにファンが熱狂

2019.9.12 ・ 海外サッカー

シェアする

 プレミアリーグを彩ってきた往年の名手たちが巧みな技を披露した。


 現地時間9月11日、ホームレスを支援するチャリティー団体『Tackle4MCR』の資金を集める目的で、マンチェスター・シティ・レジェンズとプレミアリーグ・オールスターズに分かれて、昨シーズン終了後にシティを去ったヴィンセント・コンパニを称える記念試合が行われた。


 残念ながら“主役”を務めるはずだったコンパニがハムストリングを痛めていたために欠場するというアクシデントに見舞われたが、プレミアリーグ・ファンにとって垂涎の存在であったスターたちが共演した。


 最もファンを沸かせたのは、30分にプレミアリーグのオールスターチームが挙げたゴールシーンだ。元マンチェスター・ユナイテッドのライアン・ギグスが上げたアーリークロスをエリア内で元アーセナルのロビン・ファン・ペルシがワンタッチで横に落とすと、これを元トッテナムのロビー・キーンがねじ込んだのである。


 現役時代を彷彿させるようなパスワークから生まれたゴールシーンを英衛星放送『Sky Sports』がインスタグラムで拡散すると、ファンからは絶賛するコメントが相次いだ。

 「100点満点の完成度だ」

「グレートなゴールだ」

「ファン・ペルシとギグスは神のままだった」

「今のユナイテッドの連中より凄いプレーだ」

「なんて組み立てだ。今のユナイテッドに欲しい攻撃の形だ」

「キーンの飛び出しは相変わらず鋭い」

「オフサイドギリギリの連係。マスターレベルでしか成し得ない」


 なお、試合は2-2で終了。決着は付かなかったものの、詰めかけた5万1602人のサポーターたちは、レジェンドたちの妙技に酔いしれた。


構成●サッカーダイジェストWeb編集部

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事