「僕には無関心」「酒浸りでキツかった…」C・ロナウドが大粒の涙を流し、早逝した父への想いを激白!

「僕には無関心」「酒浸りでキツかった…」C・ロナウドが大粒の涙を流し、早逝した父への想いを激白!

2019.9.16 ・ 海外サッカー

シェアする

 稀代のスーパースターがテレビ番組で、大粒の涙を流した。

 

 ユベントス所属のポルトガル代表FW、クリスチアーノ・ロナウドが現地日曜日、英民放局『ITV』の名司会者、ピアーズ・モーガン氏のインタビュー番組に登場。半生を大いに語るなかで、モーガン氏が話題を実父に向けると、溢れ出る感情と涙を抑え切れなくなった。

 

 父のディニスさんは公務員ながらサッカー選手としても活躍し、幼少期のC・ロナウドにサッカーのイロハを叩き込んだ人物。だが彼が物心ついたときにはすでに重度のアルコール依存症を抱え、2005年、52歳の若さで早逝した。

 

 声を詰まらせながら、C・ロナウドは父への想いを明かした。

 

「正直言って、父のことは100パーセント、知っていたわけじゃないんだ。彼は酒浸りで、僕とはほとんど言葉を交わしたことがないし、まともな会話をした記憶がない。本当にキツかった。でも、(ポルトガル開催の)EURO2004を前に、父は僕についてのインタビュー取材を受けたんだ。そこで、『すごく誇りに思っている』と言ってくれて、あのときは本当に嬉しかったな……」


  だが、その翌年に父は依存症が原因で他界してしまう。「実際のところ、僕がフットボール界でナンバー1になっても、父にとっては重要なことではなかった。まるで関心を示してくれなかったからね」と苦しい胸のうちを吐露し、「彼にとってはアンゴラとモザンビークの間で起こっていた戦争のほうが大事だったんだ」と語って、ふたたび涙を拭った。

 

 さらにC・ロナウドは番組内で、現在モデルとしても活躍中のパートナー、ジョルジーナ・ロドリゲスさんへの感謝も示した。「彼女は(5人の)子どもたちの母であり、僕にいつもこれ以上ないほどのパッションを与えてくれる。そして、貴重な親友でもあるんだ。彼女の前ではなにもかもオープンに話せるからね」と言い、「本当にかけがえのない存在で、心の底から愛しているんだ」と笑顔でのろけた。

 

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

 

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事