J下部組織で育った32歳はなぜ香港代表を目指すことになったのか? 中村祐人が帰化という選択をした理由

J下部組織で育った32歳はなぜ香港代表を目指すことになったのか? 中村祐人が帰化という選択をした理由

2019.10.10 ・ 海外サッカー

シェアする

 6歳でJリーグ開幕を目の当たりにした少年は、いつか同じ舞台に立ちたいとボールを蹴り続けた。そして21歳で憧れのプロフットボーラーになれたが、そこは夢見たJの舞台ではなかった。代表選手にも選ばれたが、シャツの色はサムライブルーではない。


 彼の名は中村祐人、32歳。選手生活のほとんどを香港で過ごし、昨年10月には香港永久性居民として査証を取得し、香港代表にも選出された。しかし何故、決してサッカーが強いとは言えない香港だったのだろうか。未だ終息が見えない大規模デモの影響で揺れ動く香港で、彼の歩みを聞かせてもらった。


――◆――◆――


――2009年1月1日に初めて香港へいらしたそうですね。

「はい。あの時に感じた高揚感がいまでも生きているんです。香港って何でもスケールが大きいんですよ、クラブ経営もそうですし、街の雰囲気もそう。常に刺激をもらえる場所なんです」


――香港でのプレーが延べ9年目。しかし何故、ここまで長く香港での挑戦を続けてこられたのでしょうか?

「単純に香港が好きなのが一番かな。プロ選手になれたのが香港で、ポルトガルへ移籍して苦しんでいた時に声を掛けてくれたのも香港(TSWペガサス)、また半季チームがなく気持ちが落ちていた時に手を差し伸べてくれたのも香港(シチズンFC)だった。3度も救われているんです。香港は私にとって縁深い土地で、香港人として生きていきたいという思いからです」


――“日本へ戻ってプレーする”選択筋もあったかと思うのですが。

「当初は逆輸入でっていう思いもありましたけど次第になくなりました。3度目に香港へ戻って来た時には、香港人になって香港代表に選ばれたい気持ちが強くなっていましたから」


――なるほど。その香港での挑戦、何か目標とされてきたことは?

「外国人が結果を出し続けながら7年(香港永住権が取得可能な継続滞在年数)やりきり香港人になることって、大きなチャレンジだと思ったんです。サッカー選手として何か成し遂げたいなという思いもあって、そこを目標に据えました。帰化して香港代表にも選んでもらえて、いまは何度も助けてくれた香港にプレーで恩返ししたくて頑張っています」


――昨年10月には香港代表にも初招集、国際親善試合(インドネシア戦@インドネシア・ブカシ)に出場しました。

「あの時は追加招集だったんです。イミグレーションで香港パスポートをもらって、協会へ報告連絡して直ぐでした。ちょうど怪我人が出て、ならばと監督(ギャリー・ホワイト/前東京ヴェルディ監督)が私を呼んでくれたんです。なので、どこへ行って試合をしたとか全く分からずでしたから。ジャカルタの空港からバスで結構離れた場所まで行ったことだけは覚えています(笑)。あれ以来、代表へ呼ばれていないので、もっと頑張らないと。でも選んでもらえれば貢献できる自信はありますから」


――香港代表も2022年ワールドカップ・アジア予選に挑んでいますが、状況は気になりますか?

「結果は目にしますが、試合は観ていないんです。やっぱり選ばれていないことが悔しくて」

 ――話は変わって、プレーされている香港プレミアリーグ(香港1部)について聞かせてください。

「10チーム(うち1チームは中国・広州)で構成されているプロリーグです。一番の金満クラブは広州富力(中国1部・広州富力のセカンドチーム)、年間予算は10億円位だと思います。広州富力には、鹿島アントラーズでプレーしたアルシンドさんの息子(イゴール・サルトーリ)がプレーしていますよ。彼は昨季リーグMVPを取って買われていきました(大埔FC→広州富力)」


―――香港プレミアリーガーのサラリーってどんなものなのか気になります。

「前出のイゴールが今季3000万円くらいもらっていると思います。それがリーグ最高年俸でしょう。因みに、私が22歳で初めて香港へ来た時の月給は6万円でした(苦笑)。ただ寮に住みながら食費も支給してくれていた、そして勝利給も貰えていたので延べ月20万円くらいだったかな。生活はできていましたよ」


――中村さんが所属する傑志SCは、香港ビッグクラブのひとつですよね。今季はAFCカップへも出場されていました。

「(AFCカップ決勝まで勝ち上がっている)北朝鮮の4.25FCと同組でアウェー戦で平壌へも行ったんですが、彼らはホームで滅茶苦茶強かったです。勝てる気がしなかったですから(苦笑)。平壌ではよく言われるような監視や盗聴、制限というのは全くなかったですし、食事も美味しかったですよ」


――7月にはマンチェスター・シティFCのアジアツアーでも試合をされましたね。

「滅茶苦茶強かったです。シティのサッカーって特殊じゃないですか。ああやられると、どうしようもないみたいな(苦笑)。前半45分だけの出場でしたが、スーパースターが集まるとこんなにも凄いんだとピッチで感じられたことは良かったです。僕ね、デ・ブルイネとマッチアップしていたんですよ。強烈に巧かったけど、僕もいなしてやりましたから。それも自信になったし、個人的にやれた部分も多くあったので楽しかったです」


 10月初旬の移籍市場が閉まる間際、中村が昨季リーグ覇者・大埔FCへレンタル移籍することが発表された。そして移籍早々の第3節には途中出場し、値千金の同点ゴールを決め存在感を示してみせた。


 フリーの状況が続く本田圭佑や、苦渋の思いで活躍の場を掴んだ岡崎慎司とは同学年。彼もまた、愛する香港でチャレンジを続けている。


 香港代表が“カタール2022”の出場権を懸けた最終決戦へ進むことは現実として難しいだろう。しかし、2023年のアジアカップ中国大会へ出場し、日本代表と相まみえることは十分にあり得る話である。彼の上積みされた歴史を、中国大会会場のミックスゾーンで聞かせてもらうという楽しみがひとつ増えた。


■プロフィール

中村祐人(なかむら・ゆうと)

1987年生まれ、千葉県出身。父(中村修三氏/現役時代は三菱自工でプレー、現浦和レッズGM)の影響で5歳からボールを蹴り始め、柏レイソルジュニア、浦和ジュニアユース、浦和ユースとJクラブの育成組織で過ごす。高校2年時に試合出場機会を求め、在籍していた西武台高のサッカー部へ籍を移し、3年時に第83回全国高校サッカー選手権大会に主力として出場を果たした。青山学院大学での4年間を経て香港へ渡りプロ選手に。1年目の活躍もあってポルトガル(ポルティモネンセSC)へ移籍するが、出場機会に恵まれず再び香港へ舞い戻る。以後、ローカルファンから一目置かれる存在となった。2018年10月には香港人へ帰化、念願の香港代表にも選出される。当地で出会った妻とふたり、激動の香港を生き抜いている。


取材・文●佐々木裕介

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事