「悔やんでいた」「残って欲しかった」メッシがロナウドとネイマールへの思いを吐露。気になるグリエーズマンとの仲は…

「悔やんでいた」「残って欲しかった」メッシがロナウドとネイマールへの思いを吐露。気になるグリエーズマンとの仲は…

2019.10.10 ・ 海外サッカー

シェアする

 長年にわたってしのぎを削ってきた間柄からこそ、彼らが去り、思うことが増えるのかもしれない。


 バルセロナのリオネル・メッシは、ユベントスのクリスチアーノ・ロナウドに、レアル・マドリーに残ってほしかったようだ。スペイン紙『MARCA』によると、メッシはラジオ局『RAC1』のインタビューでこう話したという。


「リーガ、クラシコ、彼とのライバル関係はプラスだったので、C・ロナウドには(マドリーに)残って欲しかった」


 そして、メッシが同じくリーガでそのプレーを見たいと望んでいたのが、元同僚のネイマールだ。この夏、バルセロナ復帰が注目されたネイマールについて、メッシはパリ・サンジェルマンに去ったことを悔いていたと考えているという。


「退団してすぐ、彼は自分が間違えていたこと、良くない決断を下してしまったことが分かったんだ。彼のことを知っているから、僕はそう思う」


 ただ、ネイマールは来年も再びその去就が注目されるかもしれない。メッシは「来年(の移籍)の可能性も排除はしない。バルサにしても、マドリーにしても」と話したという。

 去った仲間がいる一方、新たに仲間に加わった人物もいる。バルサには今夏、アントワーヌ・グリエーズマンが加わった。常にそのプレーが話題となる新背番号7について、メッシは「バルセロナでプレーするのは簡単じゃない」と述べた。


「どんなクオリティーのある選手だろうと、バルサの哲学を経験していない人や、そのメソッドを知らない人にとっては難しいんだ。彼は異なるプレーに慣れていたしね。でも、僕たちは彼が適応するはずだと疑っていないよ。彼はインテリジェントだから」


 加入以降、グリエーズマンとの不仲がたびたび取りざたされているメッシだが、自身がフランス代表アタッカーを望んでいないとの報道は「ウソ」と一蹴している。


「彼はベストプレーヤーのひとりであり、いつだってそういう選手は歓迎だ。まったく不都合はない」


 これからメッシはルイス・スアレスとともに、グリエーズマンとどのようなコンビネーションを見せてくれるのだろうか。


構成●サッカーダイジェストWeb編集部

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事