「ジャンプ力がすごい!」「シャビのパスがやばい」メッシが選んだ“意外な”「キャリアベストゴール」が大反響!

「ジャンプ力がすごい!」「シャビのパスがやばい」メッシが選んだ“意外な”「キャリアベストゴール」が大反響!

2019.10.10 ・ 海外サッカー

シェアする

 稀代のメガクラッキが選んだのは、やや“意外な”一撃だった。


 バルセロナのリオネル・メッシがこの程、スペインのラジオ局『RAC1』のインタビューに応じ、キャリアにおける自身の「ベストゴール」を明かした。


 これまでクラブと代表を合わせて700点近く叩き出してきたアルゼンチン代表FWが選んだのは、ローマのオリンピコで行なわれた2008-09シーズンのチャンピオンズ・リーグ決勝で、マンチェスター・ユナイテッドを相手に奪ったゴールだ。


 サミュエル・エトーの先制点で1点をリードして迎えた70分、右サイドから送り込まれたシャビの正確なクロスを、メッシは伸び上がるようにして頭で合わせて、勝負を決定づける得点を奪ったのだった。


 華麗な5人抜きゴールや技ありのループシュート、強烈なミドルやFKなど、それこそ数えきれないほどのゴラッソを決めてきたメッシが、得意とは言えないヘッド弾を選んだのは興味深い。難易度や美しさよりも、「重要性」を重視したということだろう。

  バルセロナの公式ツイッターは、「あなたは同意しますか?」というメッセージとともにこの大エースがセレクトしたベストゴールを紹介。すると、ファンから次のような意見が続々と寄せられている。


「私は賛成!」

「ベスト~」

「これは重要なゴールだった」

「ジャンプ力がすごい」

「シャビのパス精度がやばい」

「このゴールを選ぶのはメッシらしい」

「同意できないな」

「ノー!」


 このスーパースターは、この先も数々のゴールを決めていくだろう。はたして、このローマでのファイナル弾を上回る得点は生まれるのだろうか。


構成●サッカーダイジェストWeb編集部

 

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事