「赤っ恥」「最後の最後で…」劇的同点弾後にラツィオのエースが見せた“恥ずかしいゴールパフォ”が話題!

「赤っ恥」「最後の最後で…」劇的同点弾後にラツィオのエースが見せた“恥ずかしいゴールパフォ”が話題!

2019.10.22 ・ 海外サッカー

シェアする

 ラツィオのイタリア代表FWチーロ・インモービレのゴールパフォーマンスが話題を呼んでいる。


 現地時間10月18日に行なわれたセリエA第8節で、本拠地オリンピコにアタランタを迎えたラツィオは、一時は3点差をつけられながら、土壇場で追いつく劇的なゲームを演じた。


 2-3で迎えた後半アディショナルタイム2分に劇的な同点弾を決めたのが、インモービレだ。69分にもゴールを決めていた点取り屋は、自らが獲得したPKを冷静に決めたてみせた。


 大役を果たし、プレッシャーから解放されたインモービレは、ゴール裏のサポーターたちの元へと駆け寄り、ユニホームを脱ごうとしたが、汗で身体に張り付いてしまっているせいか、なかなか脱げず。しまいには躓いてしまったのである。


 その後、丁寧にユニホームを脱いで、少し恥ずかし気にサポーターとチームメイトたちと喜びを分かち合ったのだが、その一連の“ゴールパフォーマンス”はあっという間に拡散され、ツイッターではファンから次のようなコメントが相次いだ。

「これは赤っ恥だね(笑)」

「これでイエローを貰うなんて恥ずかしい」

「パッションがオーバーヒートした」

「もう少し大きめのサイズを着ればいい」

「神よ、彼にイエローは与えないでくれ」

「決めるまではカッコよかったのに……」

「最後の最後で躓いた」

「それでも彼がウチのエースなんだ!」


 チームを敗戦の窮地から救い出したインモービレ。称賛を受けるべき活躍だっただけに、失笑を買ってしまった最後のゴールパフォーマンスの出来には、悔いを残しているかもしれない(?)。


構成●サッカーダイジェストWeb編集部

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事