「いまのミランには耐えられない」元日本代表監督ザック、古巣の窮状に嘆き!

「いまのミランには耐えられない」元日本代表監督ザック、古巣の窮状に嘆き!

2019.11.9 ・ 海外サッカー

シェアする

 マルコ・ジャンパオロ監督を解任し、ステーファノ・ピオーリを新指揮官に据えても、ミランの不振は続いている。新体制になってからも、セリエAの4試合で1勝1分け2敗の勝点4。1試合平均1ポイントという低調ぶりだ。


 古巣ミランの現状に、元日本代表監督のアルベルト・ザッケローニが言及した。ミラン専門サイト『Il Milanista』によると、イタリア人指揮官は『Radio Rossonera』で「明確なアイデンティティーがないままにリーグ開幕を迎えた」と分析している。


「中盤をダイヤモンドにして、スソを2トップの後ろに置くかたちで100日準備してきたが、スソはサイドから中に切り込むのが特徴だと思う。システムをあまりに定めてしまったのも間違いだっただろうね。ラファエウ・レオンはセンターフォワードだと思わない」


 さらに、ザッケローニは「ミランの選手はみんな本来のパフォーマンスを下回っている」と指摘。黄金期のチームを支えた重鎮たちのようなカリスマ性が、現在のチームにはないとの見解を示した。


「わたしにはパオロ・マルディーニやアレッサンドロ・コスタクルタ、デメトリオ・アルベルティーニといった選手たちがいた。彼らがロッカールームにバランスを与えていた。今の主軸たちに彼らのようなパーソナリティ-があるかは知らない。ただ、ミランのユニホームは重い。監督が、もっとも真面目で気迫ある選手たちで、しっかりした柱をつくろうとしなければいけないんだ」

  マルコ・ジャンパオロ監督を解任し、ステーファノ・ピオーリを新指揮官に据えても、ミランの不振は続いている。新体制になってからも、セリエAの4試合で1勝1分け2敗の勝点4。1試合平均1ポイントという低調ぶりだ。


 古巣ミランの現状に、元日本代表監督のアルベルト・ザッケローニが言及した。ミラン専門サイト『Il Milanista』によると、ザッケローニは『Radio Rossonera』で「明確なアイデンティティーがないままにリーグ開幕を迎えた」と分析している。


「中盤をダイヤモンドにして、スソを2トップの後ろに置くかたちで100日準備してきたが、スソはサイドから中に切り込むのが特徴だと思う。システムをあまりに定めてしまったのも間違いだっただろうね。ラファエウ・レオンはセンターフォワードだと思わない」


 さらに、ザッケローニは「ミランの選手はみんな本来のパフォーマンスを下回っている」と指摘。黄金期のチームを支えた重鎮たちのようなカリスマ性が、現在のチームにはないとの見解を示した。


「わたしにはパオロ・マルディーニやアレッサンドロ・コスタクルタ、デメトリオ・アルベルティーニといった選手たちがいた。彼らがロッカールームにバランスを与えていた。今の主軸たちに彼らのようなパーソナリティ-があるかは知らない。ただ、ミランのユニホームは重い。監督が、もっとも真面目で気迫ある選手たちで、しっかりした柱をつくろうとしなければいけないんだ」


 勝点13で11位のミランは、当初の目標だったチャンピオンズ・リーグ(CL)出場ラインとなる4位に8ポイントの差をつけられている。ザッケローニは「チャンピオンズ・リーグの出場権獲得を考えてはいけない。いまのミランには耐えられない重圧や責任になる」としたうえで、幹部マルディーニの存在に信頼を示した。


「普段のピオーリは長く続けているうちに問題を抱えるが、今回は序盤だから驚きだ。ただ、時間の問題でしかないと思う。幸運なのは、マルディーニがいることだ。たしかに彼はミランを愛しているが、非常に理性的でもあり、冷静に分析する。彼のような幹部がいるのは大きなアドバンテージだ」


 シーズンはまだ3分の1も終わっていない。レジェンドのマルディーニとズボニミール・ボバンが技術部門を率いるミランは、ピオーリの下でこれから巻き返すことができるか。 


構成●サッカーダイジェストWeb編集部

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事