「死ね」の暴言も…アトレティコ・サポーター、バルサに移籍したグリエーズマンに容赦ない罵声を浴びせる!

「死ね」の暴言も…アトレティコ・サポーター、バルサに移籍したグリエーズマンに容赦ない罵声を浴びせる!

2019.12.2 ・ 海外サッカー

シェアする

 アトレティコ・マドリーのサポーターは、今夏にバルセロナへ移籍したかつてのエースを許しはしなかった。


 現地時間12月1日のラ・リーガ第15節で、本拠地ワンダ・メトロポリターノにバルセロナを迎えたアトレティコのサポーターは、アントワーヌ・グリエーズマンに強烈なブーイングを浴びせた。そのトーンの大きさは、スペイン紙『Marca』が、選手紹介時の様子をSNSで伝えたほどだ。


 さらに後半には、スタンドに「お前は名声を求め、男であることを忘れた」との横断幕も掲げられた。また、怒るアトレティコ・サポーターの中には、「死ね、グリエーズマン」と暴言を吐く者もいたようだ。

『Marca』によると、アトレティコのディエゴ・シメオネ監督は試合後、グリエーズマンに対するブーイングについて問われると、「他人が言うことにわたしが意見することはできない。自分はそれをしなかったし、することもない」と述べた。


 一方で、『AS』紙によれば、バルセロナのエルネスト・バルベルデ監督は、「感情の面で彼にとっては難しい試合だった」と話している。


 かつてのファンからブーイングや暴言を浴びせられたグリエーズマンにとって救いだったのは、リオネル・メッシの一発でチームが勝利したことだろう。


 バルサは3連勝を飾り、前日の試合で勝利していたレアル・マドリーと勝ち点で並ぶ首位の座を維持している。次節は、久保建英が所属するマジョルカをホームで迎え撃つ。


構成●サッカーダイジェストWeb編集部

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事