攻撃的に志向を転換!? マンUで“失敗した”モウリーニョはトッテナム監督就任で何が変わったのか?

攻撃的に志向を転換!? マンUで“失敗した”モウリーニョはトッテナム監督就任で何が変わったのか?

2019.12.3 ・ 海外サッカー

シェアする

 去る11月20日(現地時間)、トッテナム・ホットスパーは、前日に解任したマウリツィオ・ポチェッティーノの後任として、ジョゼ・モウリーニョを新監督として招聘した。


 2004年にチェルシーの監督に就任した際に、自らを“スペシャル・ワン”だと名乗り、血気盛んな若手監督だった男も気づけば56歳になった。情熱的なマネージメントと戦術的な創意工夫をあわせもつハイブリット型として名を馳せた名伯楽も、近年の評価は低落傾向にある。


 マンチェスター・ユナイテッドの監督だった昨年の今頃は、中心選手のポール・ポグバと衝突。さらに結果を求めるあまりに守備的な戦術に固執して職を追われ、メディアやファンには「時代遅れでは?」とも囁かれた。


 そんなモウリーニョが、プレミアリーグに帰ってきたのである。これまでの監督人生で、ほとんど長期の休暇を挟まなかったポルトガル人監督だが、今回は約1年の間で、じっくりと自らを見直して、再出発を切っている。


 ユナイテッドOBであるダレン・フレッチャーは、英公共放送『BBC Radio』で、「モウリーニョはユナイテッドを退団後、自身の振る舞いについて何人かの選手たちに率直な感想を求めて、次に生かそうとしたみたいだ」と語っており、当の本人も、トッテナムの就任会見で、「失敗したと理解している。同じミスは犯さないよ」と、ユナイテッド時代の反省を口にしている。


 これまでなかなか得られなかった自省期間のおかげか。トッテナム就任後の公式戦3試合でモウリーニョは、堅守という自身の色を残しつつも、珍しく攻撃的なスタイルを貫き、3連勝と結果を残している。

 では、モウリーニョはトッテナムの何を変えたのか?まず、依然として変わらない“らしさ”を挙げるならば、4-2-3-1のシステムを採用した部分だろう。


 そのなかでモウリーニョは、トップ下に中央のパスコースを90分間に渡って切り続けさせる運動量とインテリジェンス、そして、状況を打開できる攻撃的な才能を求める傾向にある。トッテナムでは、幸いにも、指揮官の理想を遂行できるタレントがいた。デリ・アリだ。


 2019年はコンディション不良や、複数のポジションで起用されたこともあって、やや迷走していたアリだったが、モウリーニョに大役を任せられ、復活を印象付けている。守備では、常に中央のフィルターになりつつ、攻撃面ではパスワークで相手を翻弄するだけでなく自身もボックス内に飛び込んでは得点に絡む。3試合で3ゴール・1アシストとは、あっぱれというほかにない。


 そして、両翼には前任者が好んだゲームメーカーよりも、ソン・フンミン、ルーカス、ムサ・シソコといった個人技で状況を打開できる選手を配置している。これも既存の哲学に基づいた采配だ。


 ここまで紹介した2列目の選手たちと、1トップのハリー・ケイン含む前線4枚は、攻守の切り替えを常に素早く行なうことが求められる。相手が自由にプレーする時間とスペースを与えないことは、モウリーニョ・サッカーを実現するうえで鉄則だからだ。それを実践する下地が、ポチェティーノ政権下で築かれていたのは、ラッキーだったと言えるかもしれない。 大幅に変わった点はSBの役割だ。


 これまでのモウリーニョといえば、SBに自由を与えることは少なく、守備のルールを順守させたうえで、可能な範囲で攻撃参加を求めることが多かった。しかし、トッテナムでは、守備面での凡ミスが多いものの、高い身体能力と技術をあわせもつ右SBのセルジュ・オーリエに攻撃面での自由を与えたのだ。


 攻守のバランスを取るために左SBの攻め上がりを禁じ、ほぼ3枚で最終ラインを守る状態となっている一方で、ボックス内に飛び込んでいくほどの果敢な攻め上がりを見せるコートジボワール代表SBは1ゴール・2アシストと目に見える結果を残している。

 攻撃的なのはSBだけではない。2列目の選手たちも裏に抜け出す意識が植え付けられており、中盤や最終ラインの選手が良い形で前を向くと、迷わずに全速力で敵陣へと走り出す前線4枚の姿が随所で見られる。


 何より驚きなのは、ここまでの攻撃的な変化が就任1試合目のウェストハム戦から見られた点だ。そうしたオーガナイズからは、モウリーニョが、守備の整備からではなく、攻撃の形からチーム作りをしていることが垣間見える。


 こうした変化は、ユナイテッドを率いていた約1年前に、自軍のビルドアップを捨て、マルアン・フェライニをアンカーに配置して、当時プレミアリーグの最下位に沈んでいたバーンリーの特徴を消しにいった監督と同じとは思えない劇的なものである。 もちろん今のモウリーニョが見せている変化は、シーズン途中での就任であり、時間がないために自身の哲学を植え付けられなかっただけかもしれないし、モチベーションを高めるために攻撃的に振る舞っていることも考えられる。


 ただ、前述したように、モウリーニョ自身もこれまでのやり方を反省し、改善しようとしているのは、紛れもない事実である。


 そうした意図を汲み取る意味でも、アシスタントコーチがキャリアではじめて変わった点は興味深い。これまで約17年間も苦楽をともにし、「モウリーニョの頭脳」とまで言われたルイ・ファリアではなく、リールでアシスタントコーチを務めていたポルトガルの新進気鋭の指導者であるジョアン・サクラメントを強引に引き抜いたのである。

 現在30歳のサクラメントは、モウリーニョが標榜する「戦術的ピリオダイゼーション」の心棒者であり、指導者育成に定評のあるウェールズの大学出身で、モナコでレオナルド・ジャルディムとクラウディオ・ラニエリの下、分析官を務めていた切れ者だ。間違いなくモウリーニョに対して新しいアイデアを供給しているはずである。


 失点数が多いのはやや気掛かりではあるが、これまでと異なる振る舞いを見せているモウリーニョにトッテナムが、どのように色づけされていくのか。その改革の行方から目が離せない。


文●内藤秀明(プレミアパブ)

text by Hideaki NAITO

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事