「最悪の抽選結果」EURO本大会で“死の組”に入ったフランスに衝撃! デシャンの幸運は尽きたのか?【現地発】

「最悪の抽選結果」EURO本大会で“死の組”に入ったフランスに衝撃! デシャンの幸運は尽きたのか?【現地発】

2019.12.3 ・ 海外サッカー

シェアする

 フランスに衝撃が走っている。


 現地11月30日夜のEURO2020本大会の抽選会で、まさかの「死の組」に入ったためだ。


 なにしろ、現ワールドカップ・チャンピオンであるフランスが、2014年から18年まで世界王者だったドイツと初戦で相まみえる。さらに、前回のEURO2016の決勝で敗れ、ヨーロッパ王者のタイトルを奪われた相手であるポルトガルとも同居したのだからたまらない。しかも3月末に決定するもう1か国も、プレーオフ組の中では最強国となる可能性が残っている。


 このため、特番を組んでいた現地テレビ各局のスタジオでは、「最悪の抽選結果」、「いや、フットボールファンならこれぞ楽しみ!」、「これしきの相手で怯える必要はない!」と侃々諤々の議論が起きたが、さすがに出演者の多くは顔色蒼白になっていた。


 一方、抽選会の行なわれたルーマニアのブカレストでは、まずアシスタントコーチのギー・ステファン氏がミックスゾーンに登場。「長距離遠征がなく、クレールフォンテーヌを本拠地にできるという点では嬉しい面もあるが、スポーツ面でみればやはり難しい対戦相手に当たってしまったわけで…」と、口元に笑みは浮かべながらも、戸惑いを隠せない様子だった。

 次いで、ディディエ・デシャン監督が出現すると、苦笑と険しい表情の両方をまじえながらこう語った。


「難しいグループだ。ドイツとポルトガルの監督も同じことを思っているだろうがね。仕方ないし、受け止めるしかない。初戦から敵地ミュンヘンでドイツと戦う以上、直ちに激戦に入る覚悟をしなければならない。複雑なグループだ。もしかすると最悪のグループとさえ言えるかもしれない。EUROでは初戦から最高のパフォーマンスを出さねばならない」


 この抽選結果を受けてソーシャルネットも炎上。なかには、「デシャンの”雌猫”が18時45分に失踪しました」というコメントとともに、デシャン監督が大きな猫を抱えてにっこり笑っている写真をアップした者も現われた。 実は、現役時代のデシャンが1998年ワールドチャンピオンに輝いた後、レジェンドのミシェル・プラティニが、「デシャンは才能がないのに、いつも幸運に恵まれていて勝利する」と放言したことがあった。


 以来メディアは事あるごとに、「デシャンには幸運がついている」と笑いの種にしてきた。当時のデシャンは気を悪くしたようだが、やがてプラティニが謝り、デシャンも水に流した経緯がある。


 だがその後もメディアでは、「デシャンにはシャットがついている」が大流行。「幸運」を「シャット」(雌猫)に言い換えて、デシャンが幸運に恵まれるたびに、猫の鳴き声を流したり、猫のイラストをつけたりするようになった。


 フランスの俗語では「シャット」には女性器の意味が含まれ、幸福を呼ぶラッキーシンボルになっているためだ。2018年ワールドカップ終盤には、デシャン監督のイラストに、猫とオリビエ・ジルーのイラストが添えられるようになったほど。下ネタ風刺が大好きな大衆に大ウケだった。

 選手としても監督としても世界制覇を成し遂げた史上3番目の名手となったいま、デシャンの実力を疑う者はいなくなった。


 ただ、これまではビッグコンペティションのたびに与しやすいグループを引き当て、幸運を呼び込んできたのも事実だ。


 その幸運が、今回の抽選では突然消えてしまった。「大吉」のおみくじから一気に「大凶」のおみくじに移行したような、縁起の悪い感覚ではある。


 もっともこれで、監督自身もスタッフも選手たちも、また人々もメディアも、一気に目を覚ました。デシャン監督も「首位をめざす」と明言。レ・ブルー(フランス代表の愛称)は、本拠地をクレールフォンテーヌに置き、「戦地」に出陣する方向で大会準備に突入する。


 そして、翌12月1日付『L’EQUIPE』本紙は、トロフィーを囲んで記念撮影する「死のグループ」に入った監督3人の写真を一面に掲載し、「愛のグループ」の大見出しを打った。粋な皮肉でプレッシャーを笑い飛ばしたい決意の表われだ。

 そして、同紙でコラムを担当するデシャンの盟友ビシェンテ・リザラズは、こう激励を送っている。


「最悪の組み合わせになった。これまでディディエ・デシャンは、どちらかというと有利な抽選を当ててきたが、今回はそうでなくなってしまった! 開幕から100%でなければならない。大会の中で徐々に強くなっていくことはできないのだ。だが仕組みからして、突破できないと恐怖する必要はない。私に言わせれば、レ・ブルーはこのグループの首位候補だ」


 バイエルンでプレーするバンジャマン・パバールも、「ミュンヘンでドイツ戦なんて素晴らしいカードだ。ずぐに全力で戦えるから悪くない。僕らの目標はもちろんEURO制覇だ」と興奮気味に決意を表明した。


 フランス代表にとって、険しい道のりになりそうな間違いない。そして、今回のEUROを制覇すれば、デシャンは、選手としても監督としてもワールドカップとEUROを制覇した史上初の人物になる。


 果たして、デシャン監督とレ・ブルーは、「大凶」を「大吉」に変えられるだろうか。

取材・文 結城麻里

Tesy by Marie YUUKI

 

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事