「英雄のとんでもない一撃!」「キレッキレだ」ソン・フンミンの衝撃“ゴボウ抜き”弾に英メディア騒然!

「英雄のとんでもない一撃!」「キレッキレだ」ソン・フンミンの衝撃“ゴボウ抜き”弾に英メディア騒然!

2019.12.8 ・ 海外サッカー

シェアする

 トッテナム・ホットスパーが圧巻のゴールショーを見せつけた。


 現地12月7日に行なわれたプレミアリーグ第16節、ホームでのバーンリー戦だ。スパーズ(トッテナムの愛称)は開始4分、大黒柱のハリー・ケインが目の覚めるようなスーパーミドルをねじ込んで先制すると、その後も怒涛のアタックでアウェーチームを圧倒し続け、5-0の大勝を収めた。


 なかでも英メデイアを騒然とさせたのが、32分のソン・フンミンの一撃だ。


 自陣ペナルティーエリア手前で味方選手のクリアボールを拾った韓国代表FWは、軽く持ち出したのち、なんとそこから高速ドリブルを開始。ハーフウェイライン付近で5人に囲まれるも鋭い身のこなしで切り抜け、そのまま敵ゴールまで持ち込んでゴールを奪い取ってしまったのだ。


 およそ70メートルを独走して決めた、電光石火のゴボウ抜き弾。英公共放送『BBC』は「韓国の英雄がとんでもない一撃を見舞った。シーズンベストの有力候補だ」と称え、英紙『The Guardian』は「緩慢なバーンリーに痛烈な罰を与えた。語り継がれるべきファインゴール」と持ち上げ、同じく英紙『Mirror』は「キレッキレで誰も止められなかった。ソンがキャリア最高の状態にあるのは疑いがない」と賛辞を贈った。


 ジョゼ・モウリーニョ新政権が発足して以降、トッテナムはプレミアとチャンピオンズ・リーグで5試合を戦って4勝1敗。驚かされるのはその得点力で、5戦15発と猛威を振るっている。ケイン、ソン・フンミンに加えてデリ・アリもうなぎ上りに調子を上げており、チームのムードも高まっている。


  バーンリー戦ではスーパーゴール以外にも、ふたつのゴールに絡んだソン・フンミン。試合後の会見でモウリーニョ監督は次のように話して、背番号7を絶賛した。


「こないだ、ウチの息子がソンのことを“まるでソナウドだね”と言っていた。まさに彼は今日、バルセロナ時代のコンポステーラ戦で(元ブラジル代表の)ロナウド・ナザリオが決めたような、独走からの素晴らしいゴールを披露したね。見事なパフォーマンスだったと思う」


 すっかりスパーズの左サイドにとっても、新指揮官モウリーニョにとっても、代えの利かないキーパーソンなのである。


構成●サッカーダイジェストWeb編集部



記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事