香川真司が絶妙トラップからリーガ初アシスト! サラゴサに久々の連勝をもたらす

香川真司が絶妙トラップからリーガ初アシスト! サラゴサに久々の連勝をもたらす

2019.12.15 ・ 海外サッカー

シェアする

 現地時間12月14日に開催されたラ・リーガ2部の第20節で、香川真司が所属する6位のサラゴサが降格圏の20位に沈むラシン・サンタンデールと対戦。香川は4試合ぶりにスタメン出場を果たした。


 4-4-1-1のセカンドトップで先発した香川に見せ場がやってきたのは、開始19分。巧みな動き出しで後方からのロングフィードに反応し、絶妙のトラップでボールを収めると、左足で丁寧に落とす。このボールを主砲スアレスが強烈なシュートでねじ込み、先制ゴールを挙げる。日本代表MFは、これがリーガ初アシストとなった。


 その後もサラゴサが圧倒的に攻め込んだものの、追加点は奪えず前半を終える。23番はアシスト以外にも、ワンタッチパスでチャンスを作り出すなど、上々の出来だった。


 後半に入り、一進一退の攻防となるなか、香川は66分に最初の選手交代でベンチに下がる。


 結局、後半アディショナルタイムにハビ・ロスのゴールでリードを広げたサラゴサが2-0で勝利。3~5節以来となる、久々の連勝を飾った。


構成●サッカーダイジェストWeb編集部


 

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事