「衝撃的だった」青森山田の“怪物ルーキー”松木玖生が認めた 静岡学園の凄み【選手権】

「衝撃的だった」青森山田の“怪物ルーキー”松木玖生が認めた 静岡学園の凄み【選手権】

2020.1.14 ・ 海外サッカー

シェアする

[高校選手権決勝]静岡学園3-2青森山田/1月13日(月)/埼玉スタジアム2002


 怪物ルーキーも溢れる涙が止まらなかった。


 第80回大会の国見以来18年ぶりの連覇を目指し、難敵が揃うブロックを突破してファイナルに勝ち進んできた青森山田。プレミアリーグも制した絶対王者の最大の強みが、中盤の3枚だった。


 古宿理久(横浜FCへ)と武田英寿(浦和レッズへ)のJ内定3年生コンビ、そして1年生の松木玖生だ。


「自分の一番の武器はメンタルの強さ」と語る松木は、初めての選手権で、16歳とは思えない堂々のプレーを披露。初戦の米子北戦から準決勝まで4試合連続ゴールを挙げれば、「夏頃から身体ができあがってきた」(黒田剛監督)というフィジカルの強さを活かした守備でも貢献した。


 だが、決勝では2点を先行しながら、まさかの逆転負け。試合巧者の王者が、静岡学園の勢いに止めることができなかった。


 ここまで圧巻のパフォーマンスを見せてきた大器も、この日はノーゴール。守勢に回るシーンが多く、とりわけ攻撃面では持ち味を発揮できず。終了のホイッスルが鳴ると、人目を憚らず涙をこぼした。


 さしものも怪物ルーキーも、技巧派が揃う静岡学園の個人技には、厳しい戦いを強いられたようだ。


「個々の力が物凄く、衝撃的でした。こういったチーム相手にも勝ち切らないといけなかった。後半の粘りが……」

  決勝では力を出し切れなかった。ただ、もう前を見据えている。


「ヒデ(武田)さんのように、仕掛けて、ひとりでもふたりでもはがして、シュートまで持って行けるようになりたい。そういう面を来年は磨いていきたい」


 スーパー1年生は、一回りも二回りも大きくなって、この舞台に帰ってくることだろう。


取材・文●江國森(サッカーダイジェストWeb編集部)



 

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事

おすすめ動画