「現時点では構想に…」長友佑都のボローニャ移籍にイタリア紙の見立ては? 冨安健洋とのコンビは実現するか

「現時点では構想に…」長友佑都のボローニャ移籍にイタリア紙の見立ては? 冨安健洋とのコンビは実現するか

2020.1.17 ・ 海外サッカー

シェアする

 トルコのメディアは、ガラタサライの長友佑都がイタリア復帰に近いと報じている。冨安健洋が所属するボローニャへの移籍に向かっていると伝えた。


 ボローニャは昨秋から離脱中の左SBミッチェル・ダイクスがいつ復帰できるか不明。代役を務めてきたラディスラフ・クレイチも、12月から負傷で戦列を離れている。シニシャ・ミハイロビッチ監督は、CBステファノ・デンスビルのコンバートや、前節でイブライマ・エムバイエを起用してしのいできた。


 そのため、冬のマーケットで左SBは強化ポイントのひとつと言われている。その候補として以前から取り沙汰されているのが、インテルで長年プレーした経験を持つ長友だ。イタリアをよく知り、移籍金も高額ではない。両サイドで冨安との日本代表コンビが誕生するか、注目されている。

  ただ、イタリア紙『Corriere dello Sport』は1月17日、補強を担当するワルテル・サバティーニ、リッカルド・ビゴンの両幹部は、現時点で長友は構想に入らないと否定していると報じた。


 トルコ・メディアは移籍濃厚と報じたが、イタリアの反応は異なるようだ。


 そのうえで、『Corriere dello Sport』紙は「今からマーケットが閉まるまでの間に、ボローニャがその立場を見直す可能性は排除されていない」とも報道。長友がセリエAの舞台に戻る確率はゼロではないとも付け加えている。


 残り2週間となった冬のマーケットで、長友・冨安コンビの誕生はあるのだろうか。


構成●サッカーダイジェストWeb編集部

 

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事