キケ・セティエンのバルサが見せた、クライフ・スタイルへの「原点回帰」【小宮良之の日本サッカー兵法書】

キケ・セティエンのバルサが見せた、クライフ・スタイルへの「原点回帰」【小宮良之の日本サッカー兵法書】

2020.1.22 ・ 海外サッカー

シェアする

「自分たちがボールを握り続ける。それ以上の楽しさはない。ボールを持っていたら、得点できる可能性があり、失点することはないのだ」


 かつてヨハン・クライフはその崇高なサッカー論で、世界を席巻している。


「無様なプレーで勝つなら、美しく散れ」


 その考え方は、今もFCバルセロナの理念として息づいている。ボールをつなげることが一番想像的で難しく、だからこそ挑戦する価値があり、楽しい気持ちになれる。その発想が、クライフ主義だ。


 勝てば官軍、負ければ賊軍がはびこるプロサッカーの世界において、その理念は一線を画している。エキセントリックとも言える。しかし、それこそ彼らの正義だ。


 そのクライフ主義の正統な後継者とも言える人物が、新たにバルサを率いることになった。


「私はたとえ勝っても、つまらないサッカーだったとしたら、怒りを感じながら家路につくだろう」


  バルサの監督に新たに就任したキケ・セティエンは言う。根っからのクライフ信奉者。口だけではない。ルーゴ、ラス・パルマス、ベティスと率いたクラブで、有言実行している。

  現役時代、選手としてクライフ率いる“ドリームチーム“と対戦し、啓発されたという。その試合、キケ・セティエンは得点を入れて、5-0と大差で勝利している。にもかかわらず、スペクタクルを生むサッカーの回路を目の当たりにし、強く感銘を受けた。


「どの場面か覚えていないだけど、バルサがボールを回し始め、自分たち奪いに行ったことがあって。でも、全くうまくいかなかった。それを彼らはとても簡単にやってのけたもんだから、私は引き込まれたよ。なぜ、こんな風に試合を支配できるんだ!って。彼らは止まることによってプレースピードを上げ、速く見せていた。私は監督になってから、その緩急を選手に伝えようとしたが、最初はうまくいかなかった」


しかし監督として成熟したセティエンは、バルサを率いるだけの資質を備えるようになった。


ベティスを率いた昨シーズン、バルサを相手に4点を放り込んで勝利している。敵地カンプ・ノウでボールを支配し、攻め続けた。それは歴史的な一戦だった。


「セティエンのおかげで、ボールプレーの楽しさを思い出した。彼が監督でなければ、私は引退していただろう」


 ベティスのベテランMFとして、“第二の春”を謳歌するホアキン・サンチェスの賛辞である。


 1月19日、キケ・セティエンのバルサはグラナダとのデビュー戦で、8割以上のボールポゼッションを誇り、ほぼ攻め続けた。相手にボールを渡さない。失ったら、すかさず取り返した。じりじりと相手を追い込み、敵陣でのボール奪取からコンビネーションを使ってボックスに入り、エースのリオネル・メッシが決勝点を決めている。

 

「我々はボールを失ったら、すぐに取り返し、再び攻め、ダメージを受けなかった」

 

 キケ・セティエンは言う。

 

<攻撃こそ防御なり>

 

 かつて、クライフ・バルサが打ち立てた「教義」である。

 

文●小宮良之

 

【著者プロフィール】

こみや・よしゆき/1972年、横浜市生まれ。大学在学中にスペインのサラマンカ大に留学。2001年にバルセロナへ渡りジャーナリストに。選手のみならず、サッカーに全てを注ぐ男の生き様を数多く描写する。『選ばれし者への挑戦状 誇り高きフットボール奇論』、『FUTBOL TEATRO ラ・リーガ劇場』(いずれも東邦出版)など多数の書籍を出版。2018年3月には『ラストシュート 絆を忘れない』(角川文庫)で小説家デビューを果たした。

 

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事